【スペイン発コラム】エスパニョール戦に右サイドハーフで先発し好パフォーマンスを披露

 リーガ・エスパニョーラ第3節エスパニョール戦(1-0)、日本代表MF久保建英は2戦連続の先発出場を果たし、スタンドの熱い声援を受けハイパフォーマンスを披露した。

 新型コロナウイルスの感染拡大前、マジョルカでの最後の有観客開催は昨年3月1日に行われた2シーズン前のヘタフェ戦だった。それ以降、昨季終了まで無観客開催が続いたが、新型コロナウイルスのワクチン摂取率が上がり感染者が減少しているため、今季から条件付きながら有観客開催が許可されている。バレアレス州の保健当局の新型コロナウイルス感染対策の規定により、マジョルカはキャパシティの40%に制限されているが、今季開幕戦からサポーターがスタンドに戻れることになった。

 わずか1年で1部復帰を果たしたマジョルカは、再び久保を迎え今季のリーグ戦をスタート。久保はベティスとの開幕戦に合流わずか4日目にもかかわらずベンチ入りし、久々の生観戦となった約6300人の観衆から大きな拍手を受け、後半途中からマジョルカ再デビューを果たすと、続くアウェーの第2節アラベス戦で初スタメンを飾った。

 そして第3節エスパニョール戦は、マジョルカの本拠地で開催された。この日のマジョルカ島の空は雲ひとつない快晴で、キックオフの20時でもまだ明るい。スタジアム併設のバルのテラス席は試合前、予約がなければ座ることができないほどの盛況ぶり。開幕からの2試合、1勝1分と幸先の良いスタートを切ったチームのサポーターたちは、夏空の下、ビール片手に陽気な顔を見せて仲間たちと試合前のひと時を楽しんでいた。

 サポーターの1人、パウさんは再加入した久保について、「タケ・クボは相手に物怖じしない大胆さと高いドリブル能力を備えているし、チームに大いに貢献してくれるはずだ。間違いなくレギュラーになれると思うし、今日はゴールを決めてくれるだろう」と大きな期待を寄せていた。

 ルイス・ガルシア監督は、エスパニョール戦に向けてアラベス戦から2選手を入れ替え、2戦連続でスタメン入りさせた久保を、トップ下ではなく右サイドハーフで起用した。

 対するエスパニョールを率いるビセンテ・モレノ監督は、かつてマジョルカを3部から1部に連続昇格させた立役者で、久保のスペイン初年度の指揮官でもある。しかし昨夏、退団の際にサポーターの怒りを買い、この日はスタジアム入りから試合終了まで、激しいブーイングを浴び続けることとなった。

エルナンド記者は久保を高評価「攻撃のトリデンテが機能していた」

 エスパニョール戦、一番得意なポジションと思われる右サイドハーフでプレーした久保はキックオフから積極的に攻撃に絡み、ここ3試合で最高のパフォーマンスを発揮する。

 まず前半3分にFWフェル・ニーニョのシュートチャンスをお膳立てすると、同9分にヘディングでゴールを狙い、同21分には絶妙なスルーパスをゴール前に通すが、フェル・ニーニョが相手GKディエゴ・ロペスとの1対1に失敗。そして同43分、ペナルティーエリア外から左足で強烈なシュートを放つも、GKの好守に阻まれた。

 エスパニョールが調子を上げた後半、マジョルカは決定機を作るのに苦しんだが、久保は前半同様、右サイドを起点にゲームの組み立てに加わり、後半36分、前半と同じような形でペナルティーエリア外から左足を振り抜くも、シュートはわずかにゴール上を越えていった。

 攻撃だけでなく、守備でも観衆から拍手を受けていた久保は同41分に交代。会場中に響く「クボ! クボ!」のコールに応えるようにお辞儀をし、スタンド最前列まで走り、声をかける子供にユニフォームをプレゼントする一幕も見られた。

 ルイス・ガルシア監督は試合後、久保を右サイドに配置した理由について、エスパニョールの左サイドバック、DFアドリア・ペドロサの負傷欠場が大きかったことを伝え、「(代わりに出場した)ディダク(・ビラ)はペドロサほど攻撃力がないので、1対1で重要な役目を果たすことができるタケを右サイドに配置した」と説明。その采配が「完璧に上手くいった」と満足気に答えていた。

 この一戦での久保をスペイン各紙も高く評価。スペイン紙「AS」は翌日の紙面でMFイドリス・ババ、MFダニ・ロドリゲスとともに最高の3点をつけると、スペイン紙「マルカ」もチームトップタイの2点(最高3点)をつけ、「マジョルカはダニ・ロドリゲスのゴールと久保の素晴らしいパフォーマンスにより、エスパニョールを破った」とその働きぶりを称賛した。

 エスパニョール戦後、スペインのラジオ局「カデナ・セール」のアルベルト・エルナンド記者は、この日の久保のパフォーマンスについて、「タケ・クボは今日の役割にとても満足していると思う。2年前と比較すると、はるかに成長しているのが明らかだ。今日は多くの時間を右サイドで過ごし、強烈なシュートを打ってゲームのリズムを変え、守備も頑張り、快適にプレーしているように見えた」と高評価した。

 さらにエルナンド記者は、「タケ・クボがトップ下に入ったアラベス戦では、(ジョルディ・)ムブラの右サイドに攻撃が偏ったため、ダニ・ロドリゲスが輝くことができなかったが、今日はフェル・ニーニョの後ろでプレーしたタケ・クボ、ダニ・ロドリゲス、ムブラの攻撃のトリデンテ(みつまたの鉾)が上手くポジションチェンジし機能していた。タケ・クボは今日、とてもやりやすかったんじゃないかな」と分析している。

久保の活躍により「ルイス・ガルシアはメンバー選考で頭を抱えることになる」

 今後の課題については「タケ・クボには自信と出場時間が必要だ。彼はまだ20歳と若いにもかかわらず、日本のスターであり、レアル・マドリードからの期限付き移籍の助っ人選手として(マジョルカに)来ているという大きな重圧を背負っているからね。これらすべてのことを少しずつクリアしていく必要がある。そのためのベストの方法は、昨季叶えられなかった出場時間を十分に得て、ルイス・ガルシアの要求に応えていくことだ。でも私はそれが難しいことだと思わない。なぜならタケ・クボは今日、これまでの3試合で最高のパフォーマンスを見せてくれたからね」と見解を述べた。

 久保がこのままレギュラーの座を維持できるかについては、「マジョルカが今、攻撃のトリデンテを抱えているのは事実だが、ルイス・ガルシアが状況次第でメンバー変更する可能性は大いにある。なぜなら攻撃のポジションにはタケ・クボやムブラの他にも、アマト(・エンディアイエ)、フェル・ニーニョ、ラゴ・ジュニオール、負傷中のアントニオ・サンチェスやアンヘル(・ロドリゲス)などがいるし、もちろん、マジョルカの“ドン”であるダニ・ロドリゲスやサルバ・セビージャも控えているからね」と語り、指揮官には攻撃に多くの駒があることを強調した。

 続けて、「タケ・クボのここ2試合の活躍により、ルイス・ガルシアはメンバー選考で頭を抱えることになるだろうし、今日のメンバーでこの後、少しの間は戦い続けるかもしれない。しかし、ルイス・ガルシアは今後、中盤でフィジカルの強い選手を必要とすることもあるので、メンバーを固定することなくローテーションを続けるはずだ。タケ・クボがレギュラーになれる可能性はあるが、同様に他のチームメートにもチャンスがある」と、対戦相手や戦術次第になることを訴えた。

 実際、ルイス・ガルシアは昨季のリーグ戦、42試合中26試合を4-2-3-1で戦っているが、右サイドハーフに関してはアントニオ・サンチェスとムブラをそれぞれ最多9回ずつ先発起用しており、完全には固定していなかった。

 マジョルカがリーグ開幕からの3試合、2勝1分と無敗をキープして勝ち点7を獲得し、上々のスタートを切るなか、久保は開幕からの3試合でルイス・ガルシアの一定の信頼を得ることができたと言えるだろう。エスパニョール戦後、代表招集によりチームを離れているが、この調子を維持できることを願いたい。

Football ZONE web編集部