元同僚の中島や田中、親交の深いバドミントンの藤井さんらがコメント

 2021年9月にスタートする日本初の女子プロサッカー「WEリーグ」に参入する大宮アルディージャVENTUS(大宮V)のDF鮫島彩が、公式インスタグラムで披露した“餃子仕様”のセットアップが元同僚や親友の間で反響を呼んでいる。

 2011年の女子ワールドカップで世界一に輝いたなでしこジャパンの一員である鮫島は、長きにわたって女子サッカー界を牽引してきた。2015年からINAC神戸レオネッサでプレーしてきたが、今年1月に大宮Vへの移籍を決断した。

 東京五輪のなでしこ(日本女子代表)メンバーから外れ、来たるWEリーグ初年度に備えるなか、1日に更新したインスタグラムでは“餃子愛”が炸裂した。

「餃子が好きすぎて。残暑厳しい9月も餃子を食べて乗り切ろー(今日は突然涼しいけど)。#9月始まりました #おすすめのお取り寄せ餃子あったら #教えてください」

 同じWEリーグに所属するINAC神戸レオネッサのMF中島依美が「やばい。おもしろい。可愛い」とコメントすれば、慶州韓国水力原子力FCの元なでしこジャパンDF田中明日菜も「餃子パーリー」も反応。日頃から「姫」と呼び、親交の深いバドミントンの元日本代表・藤井瑞希さんは「今日なんだ。とっておきの出す日って」と返信するなど、盛り上がりを見せていた。

Football ZONE web編集部