アイルランド戦の終了間際に劇的2ゴール、代表通算得点で単独1位に浮上

 マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、現地時間1日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選の第4節アイルランド戦で2得点をマーク。代表通算得点を「111」に伸ばし、元イラン代表FWアリ・ダエイ氏(109得点)を抜いて世界一に躍り出た。

 今年6月に開催された欧州選手権(EURO)のフランス戦で世界記録に並んでいたロナウド。アイルランド戦にスタメン出場すると、0-1で迎えた後半44分にMFゴンサロ・ゲデスの右クロスを高い打点のヘディングで押し込み同点ゴールをゲット。これで肩を並べていたダエイ氏を抜き、世界記録を更新した。

 さらにロナウドは後半アディショナルタイム6分、今度はMFジョアン・マリオからの右クロスに再びヘディングで合わせ、先制点と似た形で勝ち越しゴールもマーク。チームに劇的な勝ち点3をもたらすとともに、世界記録をさらに更新した。

 ロナウドはUEFA公式サイトを通じて、「重要なことは常にチームのこと。私は最後まで信じ続けていた。試合終了の10分前にファンのサポートを求めていた」とチームの勝利が最優先であることを強調しつつも、「この記録は私のものであり、唯一無二だ。本当に嬉しい」と世界記録更新の喜びを語った。

 英サッカーサイト「Squawka」の公式ツイッターは、ロナウドが代表通算得点の他にも、UEFAチャンピオンズリーグ最多得点(134得点)、レアル・マドリード通算最多得点(451得点)、EURO最多得点(14得点)など数々の記録を保持していることを伝え、「レコードブレイカー」と36歳のストライカーを称賛した。

Football ZONE web編集部