オマーン戦を前に森保監督のメンバー選考に独自見解、田中碧の不在に疑問符

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の戦いがいよいよ幕を開ける。2010年南アフリカW杯に出場した元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は、2日の初戦となるホーム・オマーン戦を前に「Football ZONE web」のインタビューに応じ、東京五輪で躍進の立役者となった司令塔の不在など、森保一監督のメンバー選考に対する不安を指摘している。

   ◇   ◇   ◇

 7大会連続出場をかけたW杯アジア最終予選。招集メンバーを見て気になったことがある。

 まずはGK。川島永嗣がいまだに選ばれ続けていることは凄いが、昔のエイジではない。下からの突き上げがない。谷晃生は東京五輪では頑張っていたけれど、A代表にはまだ早い印象がある。権田修一も伸びていない。明らかにタレントが不足している。Jリーグはここ数年、韓国人GKが多いけれど、その弊害が間違いなく出ている。良いチームは良いGKから始まる。ナラさん(楢﨑正剛)や(川口)能活さんがハイレベルで競い合っていた時代が続いていたけれど、今は日本の課題だと思う。

 あとはサイドバック。長友佑都の所属先は無所属。経験は十分だけれど、試合勘は大きな懸念材料になる。東京五輪でもそうだったが、今回のメンバーを見ても、左サイドバックに関する森保一監督のコンセプトがよく分からない。

 そして最大の疑問は、田中碧の不在。怪我が理由なら分かるが、どういう理由で外しているのか。ゲームを作れるタレントで、東京五輪でもスイッチャーになっていて、ゴールは彼を経由したものだった。もしも、柴崎岳が不調だったらどうするのか。この点も考えているのだろうか。

 東京五輪のメダルのかかった大一番のメキシコ戦で、遠藤航は散々だった。次のオマーン戦は初戦で、しかもホーム。絶対勝たなければいけない状況で、展開次第では潰し役のボランチをさばき役に代えたいシチュエーションも生まれると思う。ゴールが必要な状況で、田中と柴崎を組ませるという発想力がないとすれば、いただけない。

 アジアにおいて、日本は相手のキーマンを絶対に潰さないと勝っていけないという領域は現時点で超えていると思う。潰せるボランチがいないと……という不安は捨ててもいい。

 例えば、東京五輪のスペイン戦やメキシコ戦で潰し役の遠藤がいても、どれだけ相手にボールを回されたか。10回ボールを奪っても、11回失っていたら意味はない。結局マイナス。逆にボールを取られない選手、奪われる回数の少ない選手こそ素晴らしいという考えは監督の中にないのだろうか。

このタイミングでの選考が難しかったことは理解できるが…

 今回、田中を選ばなかったことで、東京五輪からA代表への積み上げや進歩がない。田中はヤット(遠藤保仁)の後継者。久保建英、堂安律という五輪で活躍した若手は選ばれるべくして選ばれた。板倉もそうかもしれない(1日に怪我のため代表を離脱)。田中も選外となったが、相馬勇紀もなぜ選ばれなかったのか。今の原口と相馬で、どちらが上なのか競争させればいいと思う。本当に強いチームを作るなら、それぐらいのことをやっていいと思う。

 欧州の移籍期限最終日も絡んだ日程で選考の難しさも理解できるが、そういう状況だからこそ想像力は大事になる。初戦はきっちりと勝ち点3を手にしてもらいたい。

[プロフィール]
田中マルクス闘莉王/1981年4月24日、ブラジル出身。渋谷幕張高を卒業後、2001年に広島でJリーグデビュー。03年に日本国籍を取得し、04年アテネ五輪に出場した。その後は浦和でJ1とACL初制覇、名古屋でもJ1初優勝に貢献。06年にはJリーグMVPを受賞した。日本代表としても43試合8得点の成績を残し、10年南アフリカW杯ベスト16進出の立役者に。19年限りで現役引退。Jリーグ通算529試合104得点で、DF登録選手の100得点はリーグ史上初。現在は公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」でも活動中。

Football ZONE web編集部