【J番記者コラム】大宮戦の4日前に永井秀樹前監督が辞任、堀孝史新監督が指揮も1-2と惜敗

 J2リーグ第28節、東京ヴェルディはアウェーで大宮アルディージャと戦った。7月3日の第21節から始まったアウェー8連戦の最後となる試合。ここまで4分3敗と勝ち星がなく、さらには試合4日前に永井秀樹前監督が辞任し、堀孝史新監督が初めて指揮する試合となっただけに注目を集めたが、結果は1-2の惜敗に終わった。

 試合2日前のリモート会見で新指揮官は、「永井さんのサッカーは自分もコーチとして一緒にやっていて魅力的だと思っていた。継続できる部分は継続していきたい」と語っている。選手たちには「永井さんがやってきたことにプラスアルファでやっていく」と伝えたといい、トレーニングのなかでMF石浦大雅は「まだそのプラスアルファがなんなのか分からない」と率直に語っていたが、前監督時代からの中心選手であるMF佐藤優平は「攻撃面で変えなきゃいけないところがあると思う」と踏み込んだ発言をしている。

 堀監督は昨季まで強化部でスカウトを担当していたが、今季からコーチとして入閣し、主に守備面を担当していた。つまり、守備に関してはこれまでをベースに、攻撃でいかに新指揮官の色を出していけるかが『堀ヴェルディ』の課題と言える。しかし石浦の発言のように、わずか数日でその色が出てくるものではない。堀監督も「まずは戦術以前に、チームがしっかりまとまって、全員が前向きな姿勢で取り組める環境、ポジティブな空気を作っていくことが大事」と語るにとどめた。

 しかし、そのベースとなるはずの守備が空転し、前半で2点を失う立ち上がりとなってしまう。「なかなか最初のところでパワーを出せずに、相手に有利な状況を作ってしまった」と新指揮官が悔やんだように、厳しくプレスに行けないまま大宮に押し込まれた。前半11分に右サイドを突破されて先制を許し、同32分には突破やクロスで気を吐いて押し返す役目を果たしていたDF山口竜弥を負傷で失うと、左サイドで相手MF黒川淳史を止められなくなり、同38分に追加点を奪われた。攻撃でも大宮の連動した激しいプレスで中盤の列を越えるのもままならず、ほぼ見どころのないまま前半が終わった。

 しかし後半、堀ヴェルディは前半とは打って変わった躍動を見せる。「すごくポジティブな声掛けで送り出してくれて、迷いなく後半に入れた」(MF山本理仁)というイレブンは後半3分、最終ラインから少ないタッチ数で12本のパスを回して大宮ゴール前に侵入。左サイドから右サイド、さらに中央と7人が絡み、最後に左から飛び込んだ8人目のMF杉本竜士がフィニッシュした美しい崩しは、いわば『永井ヴェルディ』の価値を証明するゴールと言っていい。

後半のベンチワーク、攻撃姿勢には勝負師としての大胆さがよく表れている

 後半開始早々に1点を失った大宮が「3点目を取りに行くより、耐えてしのいでカウンターを狙う」(霜田正浩監督)と切り替えたこともあり、その後も東京Vは怒涛の攻撃を続けた。堀監督は後半20分にMF小池純輝とMF新井瑞希、同32分にFW佐藤凌我とMF阿野真拓と攻撃の駒を次々に投入。こうしたベンチワークの早さは、前監督時代には見られなかったものだ。

 同32分の交代では、それまで右ウイングだったFW山下諒也を右サイドバックに下げている。左サイドバックには山口の怪我でMF山本理仁がアンカーポジションから移動していたため、終盤は本職のDFはセンターバック(CB)の2人だけになっていた。アディショナルタイムにはDFンドカ・ボニフェイスが前線に上がり、GKマテウスがDF若狭大志と並んでCBの位置に入った。永井前監督も攻撃サッカーを標榜していたとはいえ、ここまで極端な攻撃姿勢は見せたことがなかった。

 後半だけのボール支配率では東京Vが約70%を記録した。しかし、公式記録では後半の東京Vのシュートはわずか3本にすぎない。前線に送り込んだ選手たちの立ち位置や動きが整理されていないのは一目瞭然で、大宮が人数をかけて守っているところへ無理に突っ込んでは潰され、シュートまで持ち込めなかったのだ。ラストチャンス、新井のカットインからのミドルシュートはバーを叩き、その後のペナルティーエリア内の混戦で石浦が倒されるが笛は鳴らず、堀ヴェルディの初陣は勝ち点を得ることなく終わった。

 試合後の堀監督は、「後半に関しては選手たちが戦ってくれた。そこは今後に生きてくると思う」と会見を結んだ。新指揮官のサッカーは正直なところよく見えなかったが、後半のベンチワーク、攻撃姿勢には勝負師としての大胆さがよく表れている。何より、お世辞にもレベルの高い試合とは言えなかったが、残留へ必死に1点を守る大宮に対し、気迫で負けず攻め続けた東京Vの戦いは、終了の笛が鳴った瞬間に見ているほうもどっと疲労が押し寄せるほど力の入るものだった。

 それだけの熱量を選手から絞り出せる点で、ダテに浦和レッズの監督としてアジアタイトルを取ったわけではないことは確かだ。もちろん、ユース時代から永井前監督の教え子だった山本や石浦のように、「勝利という形で永井さんに恩返しをしたい」という気持ちで戦っていた選手たちの存在が、東京Vの熱量を高めていたこともまた間違いない。

Football ZONE web編集部