2度の勝ち越しゴールを決めると、B・フェルナンデス、リンガードが追加点を挙げ快勝

 マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、11日に行われたプレミアリーグ第4節ニューカッスル戦で凱旋初出場を果たすと、2ゴールを挙げる活躍で4-1の勝利に貢献した。

 ロナウドは2003-04シーズンから6年間、ユナイテッドに所属。「7番」を背負い、公式戦通算292試合で118ゴールを記録した。

 その後は、レアル・マドリードで9年間、ユベントスで3年間のプレー。今夏の移籍市場では、マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンが移籍先候補として噂にあがっていたが、今回ユナイテッドに13年ぶりに電撃復帰することになった。

 国際Aマッチウィーク明け初戦となったニューカッスル戦で、オレ・グンナー・スールシャール監督はロナウドを1トップでスタメン起用。立ち上がりから持ち前のドリブルやシザースフェイントでニューカッスルのゴールを脅かすと、迎えた前半アディショナルタイムに歓喜の瞬間が訪れる。

 イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドのシュートのこぼれ球に素早く反応し、押し込んで先制点を奪取。2009年以来12年ぶりにユナイテッドの一員としてゴールを決めた。

 ロナウドの千両役者ぶりは、これで終わらない。後半11分に一瞬の隙を突かれてニューカッスルに同点とされたが、その6分後だった。イングランド代表DFルーク・ショーのスルーパスに反応したロナウドがドリブルで持ち込んで左足シュートを放ち、再び勝ち越し点を奪った。

 オーストラリアのスポーツ専門局「Optus Sport」公式ツイッターは、「ディフェンダーを死に追いやる。クリスティアーノ・ロナウドの意識と反応は別次元だった」と速報したほどだった。

 ユナイテッドは後半35分、ロウナドの後輩にあたるポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが鮮やかなミドルシュートを決めて勝負あり。アディショナルタイムにもイングランド代表MFジェシー・リンガードが追加点を挙げて4-1でニューカッスルを下し、ロナウドは凱旋試合を勝利で飾った。

Football ZONE web編集部