ニューカッスル戦で1トップに入り、2度の勝ち越しゴールをマーク

 マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、11日に行われたプレミアリーグ第4節ニューカッスル戦(4-1)でいきなり2ゴールを挙げ、凱旋試合を勝利で飾った。海外メディアも「悪魔のようなデビュー」「彼が帰ってきた!」と報じている。

 ロナウドは2003-04シーズンから6年間、ユナイテッドに所属。「7番」を背負い、公式戦通算292試合で118ゴールを記録。その後、レアル・マドリードで9年間、ユベントスで3年間のプレーを経て、今回13年ぶりにユナイテッド復帰が決まった。

 国際Aマッチウィーク明け初戦となったニューカッスル戦で、オレ・グンナー・スールシャール監督はロナウドを1トップでスタメン起用。立ち上がりから持ち前のドリブルやシザースフェイントでニューカッスルのゴールを脅かすと、迎えた前半アディショナルタイムに歓喜の瞬間が訪れる。イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドのシュートのこぼれ球に素早く反応し、押し込んで先制点を奪取した。

 ロナウドの千両役者ぶりは、これで終わらない。後半11分に一瞬の隙を突かれてニューカッスルに同点とされたが、同17分だった。イングランド代表DFルーク・ショーのスルーパスに反応したロナウドがドリブルで持ち込んで左足シュートを放ち、相手GKの股下を抜いて再び勝ち越し点を奪った。

 スペイン紙「マルカ」は「クリスティアーノ・ロナウド、悪魔のようなデビュー」と見出しを打ち、「12年118日ぶりにユナイテッドのユニフォームに袖を通したが、まるでチームを去った過去がないかのようだった。CR7は悪魔のようなリバイバルで主演」と称賛。米スポーツ専門局「ESPN」のサッカー番組「ESPN FC」が「彼が帰ってきた!」と報じれば、ユナイテッド公式ツイッターも「並外れてる」とエースを評価している。

 データ分析会社「オプタ」によれば、36歳218日でのゴールは2013年2月のライアン・ギグス(39歳86日)に次ぐユナイテッドの選手として2番目の年長ゴール。さらにプレミアリーグ1試合2ゴールにおいても、2010年4月のグラハム・アレクサンダー(38歳182日)に次ぐ年長記録となった。

 年齢による衰えを感じさせず、“赤い悪魔”で再び新たな伝説を築き始めたロナウド。13年ぶりの古巣で最高のスタートを切った。

Football ZONE web編集部