ル・アーブル戦で今季3ゴール目、ゴール後の"ダンスパフォ"にクラブ公式SNSが注目

 トゥールーズの日本代表FWオナイウ阿道は、現地時間13日に行われたフランス・リーグ2部第7節・ル・アーブル戦(1-1)で先発し、3戦連発となる今季3ゴール目を決めた。クラブ公式ツイッターは得点後に披露した独特のダンスパフォーマンスに注目すると、ファンからも熱視線が注がれている。

 現在25歳のオナイウは今年7月、横浜F・マリノスからトゥールーズへ完全移籍。7月24日に行われたアジャクシオとのリーグ開幕戦(2-2)で途中出場から新天地デビューを飾ると、第5節ディジョン戦(4-2)で移籍後初ゴールをマークした。

 さらに、翌節のヴァランシエンヌ戦(1-0)で2試合連続ゴールをマーク。今節のル・アーブル戦ではスコアレスで迎えた前半34分、CKから打点の高いヘディングシュートで先制点を叩き込み、3戦連発となる今季3ゴール目を決めた。その後、チームは追いつかれ引き分けたものの、オナイウは好調ぶりを顕示している。

 そんなオナイウはル・アーブル戦の得点後、スタンドに向かって独特のダンスパフォーマンスを披露。日本の教育番組から引用したというこの軽妙なダンスパフォーマンスシーンをクラブ公式ツイッターがGIF動画として投稿すると、日本のファンからは”キレキレ”ぶりを指摘する声が寄せられている。

「めちゃくちゃ活き活きしてる笑 海外のがテンション合ってたパターン」
「ダンスもキレキレ」
「健在」
「かわいい」
「人生をすっごい楽しんでる」
「やってるやってる」

 今夏に自身初となる海外移籍を果たした後、7戦3発と勢いを感じさせているオナイウ。9月のカタール・ワールドカップアジア最終予選では、中国戦(1-0)前に追加招集されながら出番なしに終わったが、トゥールーズでの好パフォーマンスが続けば、サウジアラビア、オーストラリアと戦う10月の同予選での起用を求める声も上がりそうだ。

Football ZONE web編集部