カラバオ杯ノリッジ戦で2ゴール、相手のタイミングを巧みに外した2点目に賛辞

 リバプールの日本代表MF南野拓実は、現地時間21日のカラバオカップ(リーグカップ)3回戦のノリッジ戦に先発フル出場し、今季初ゴールを含む2得点を決めた。チームの3-0快勝に貢献したことで海外メディアから高く評価されているが、2点目の技ありシュートについて「クールにボールを滑らせた」と称えられている。

 開幕から公式戦6試合連続で出番なしだった南野だが、今季初出場となった一戦で持ち味を存分に発揮した。開始早々の前半4分、左コーナーキックからFWディボック・オリギがヘディングでボールを落とすと、南野が素早く反転シュート。GKの股下を抜く一撃がゴールネットを揺らした。

 さらに2-0で迎えた後半35分には、敵陣右サイドの高い位置で複数人が連動してボールを奪取する。こぼれ球を拾ったMFアレックス・オックスレイド=チェンバレンが左後方から走り込んだ南野に渡すと、鋭くエリア内に侵入。相手DFの足に引っかかりバランスを崩しながらもゴールに迫ると、左から飛び込んできた2人目の相手DFの背後、GKとの間にできたわずかなスペースに押し出すようにして右足を振り抜き、ニアサイドを巧みに破った。

 狭いスペースを攻略する卓越したボールコントロールと瞬時の判断力が光る一撃となったが、衛星放送「ビーイン・スポーツ」公式ツイッターは「タクミ・ミナミノがクールにボールを滑らせた」と速報。勝負を決めるクレバーな一撃を称えていた。

 プレシーズンから好調を維持していることを、改めて証明した南野。プレミアリーグでも出場機会を獲得して、輝きを放ちたいところだ。

Football ZONE web編集部