クロップ監督と右腕ラインダースによる戦前の“南野評”に現地メディアが脚光

 リバプールの日本代表FW南野拓実は現地時間21日のカラバオカップ(リーグカップ)3回戦のノリッジ戦に先発フル出場し、2得点で勝利に貢献した。今季ここまで出番なしで影が薄かったものの、ユルゲン・クロップ監督、アシスタントマネージャーのペップ・ラインダースの評価が正しいことを証明してみせた。

 サウサンプトンからの期限付き移籍期間を終え、リバプールに復帰した南野。負傷もあり、開幕から公式戦6試合連続で出番なしの状況が続いていたが、メンバーを大きく入れ替えたカップ戦でついにスタメン起用の機会が訪れた。

 4-3-3の左ウイングのポジションでスタートした南野は試合開始早々の4分、コーナーキックのチャンスでFWディヴォック・オリジの落としから素早い反転シュートを決めて今季初ゴールをゲット。後半に入るとセンターハーフにポジションを変え、2-0で迎えた後半35分にはペナルティーエリア内の狭いスペースにうまく入り込んでダメ押し点も奪った。リバプールは3-0でノリッジを下した。

 南野の活躍はクロップ監督やその右腕ラインダース氏の“予言通り”のものだった。ラインダース氏はノリッジ戦の前に、南野について次のように評していた。

「タキは本当に良いプレシーズンを過ごした。サウサンプトンへ行ったあとで、これはとても重要なことだったと思います。彼はここへ戻り、トレーニングの面では完全なプレシーズンを過ごしました。インパクトを残し、我々も彼のことを熱心に考えていた。彼は代表で小さな問題を抱えてしまったが、すでに復帰した。早期の復帰だったので100%ではなかったが、今はもう大丈夫だ。彼がチームの一員となってハッピーだ。

 ユルゲンは『タキがGKと1対1になる回数が凄い』と言った。私も『そうだね。GKと1対1になるのに超スピードは必要がないことを示している。彼はとても自然で、インテリジェントな動きをする』と言ったよ。それは私たちが必要としているもので、直近のゲームでも必要だった。彼は背後に回るタイミングに優れ、選手が近くにいる時のコンビネーションプレーも上手い」

 2人の言葉にあるように、ノリッジ戦での南野は相手の背後を取る動きや、味方選手とのコンビネーションでゴールに迫り、2得点を奪った。プレシーズンでの好調ぶりからクロップ監督も信頼を寄せていたが、その期待に応える出色のパフォーマンスだったと言えるだろう。英紙「デイリー・スター」は「南野拓実はクロップとラインダースの正しさを証明した」と報じ、日本代表FWの活躍にスポットライトを当てた。

Football ZONE web編集部