米誌「フォーブス」が発表…昨年1位のメッシは2位に転落、イニエスタは38億円で7位

 米経済誌「フォーブス」が発表した最新のサッカー選手の長者番付で、2009年以来にマンチェスター・ユナイテッドへ復帰したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが年収1億2500万ドル(約137億円)でトップに立った。昨年トップのパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは1億1000万ドル(約122億円)で2位に転落した。

 今年揃って新天地へと渡ったサッカー界の二大巨頭が長者番付でもトップの座を争っている。

 昨季ユベントスでセリエA得点王に輝いたロナウドは3シーズン過ごしたユベントスに別れを告げ、13シーズンぶりに“赤い悪魔”ことマンチェスター・ユナイテッドへ復帰。加入後、公式戦3試合で4ゴールと衰え知らずの決定力を見せているゴールマシンは昨年の1億1700万ドル(約128億円)を上回る1億2500万ドルでメッシを抜き去り、2020-21シーズンに最も稼いだサッカー選手となった。

 深刻な財政難を抱えたバルセロナを退団し、PSGへと渡ったメッシは昨年の1億2600万ドル(約138億円)から1600万ドルダウンの1億1000万ドルとなったが、2位の座をキープした。3位はブラジル代表FWネイマール(PSG)で9500万ドル(約104億円)だった。

 上位3人が抜けた存在で、4位のフランス代表FWキリアン・ムバッペ(PSG)は4300万ドル(約47億円)だった。上位4人中3人がPSGでプレーしている。

 また、7位にはJ1ヴィッセル神戸でプレーする元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが3500万ドル(約38億円)でランクイン。欧州以外でプレーする選手では唯一のトップ10入りとなった。

 サッカー選手の長者番付トップ10の顔ぶれは以下の通り。

1位 クリスティアーノ・ロナウド
1億2500万ドル(給与7000万ドル、スポンサー収入5500万ドル)

2位 リオネル・メッシ
1億1000万ドル(給与7500万ドル、スポンサー収入3500万ドル)

3位 ネイマール
9500万ドル(給与7500万ドル、スポンサー収入2000万ドル)

4位 キリアン・ムバッペ
4300万ドル(給与2800万ドル、スポンサー収入1500万ドル)

5位 モハメド・サラー
4100万ドル(給与2500万ドル、スポンサー収入1600万ドル)

6位 ロベルト・レバンドフスキ 
3500万ドル(給与2700万ドル、スポンサー収入800万ドル)

7位 アンドレス・イニエスタ
3500万ドル(給与3100万ドル、スポンサー収入400万ドル)

8位 ポール・ポグバ
3400万ドル(給与2700万ドル、スポンサー収入700万ドル)

9位 ギャレス・ベイル
3200万ドル(給与2600万ドル、スポンサー収入600万ドル)

10位 エデン・アザール
2900万ドル(給与2600万ドル、スポンサー収入300万ドル)

Football ZONE web編集部