久保がSNSで怪我を報告「少しの間チームを離れることになってしまいました」

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間22日、リーガ・エスパニョーラ第6節・レアル・マドリードとのアウェー戦(1-6)で5試合連続のスタメン出場を果たしたものの、ハーフタイムに途中交代となった。本人が自身のインスタグラムで怪我の状況を報告したが、海外メディアは「悪いニュース」「憂慮すべき怪我」と伝えている。

 保有元となるレアルとの一戦で、久保は右サイドハーフで5試合連続のスタメン出場。前半5分には、自陣左サイドからのサイドチェンジを巧みなトラップで収め、対峙したレアルDFミゲル・グティエレスを置き去りにしてシュートまで持ち込むなど、随所に持ち味を見せた。しかし、足を痛そうにしていた久保はハーフタイムで交代。試合後、ルイス・ガルシア監督の口から膝を傷めたための交代であったことが明かされていた。

 松葉づえ姿でホテルへと入る久保の写真がスペインメディア「Ultima Hora」などで拡散され、怪我の状況が心配されていたが、久保自らがインスタグラムで報告した。

「昨日の試合中のワンプレーで膝を怪我してしまい、少しの間チームを離れることになってしまいました。とても重要な時期にチームと代表の力になれないことはとても悔しいですが、今度はピッチ外から応援をしたいと思います。そして1日でも早く復帰をしてチームの力になれる様に今自分にできることを頑張ります」

 スペイン紙「AS」は「クボの憂慮すべき怪我」と言及。また、レアル専門メディア「Defensa Central」も「悪いニュースが確認された」と見出しを打ちつつ、レアルが久保の状態を把握しようとしたことを伝えている。

「クボは(レアルの練習場がある)バルデベバスに診察と膝の状態チェックのために来た。クボは明らかな膝の怪我で試合を退いた。マドリードは将来のプロジェクトにクボが不可欠な選手であることを明言している。そのため、マドリードにいるのを機に、膝の問題を正確に把握しようとした」

 久保としてはしっかりと怪我を直し、改めてアピールをしていきたいところだ。

Football ZONE web編集部