【スペイン発コラム】サンティアゴ・ベルナベウでの初試合も1-6惨敗、試合前には観衆から久保へ拍手

 日本代表MF久保建英が22日のリーガ・エスパニョーラ第6節で保有元のレアル・マドリードと対戦し、5試合連続で先発出場した。レアル戦開始は平日開催のため通常より遅い22時。気温18度で秋風がそよぎ、肌寒さを感じる季節になってきた。会場となったサンティアゴ・ベルナベウは来年12月の完成を目指し、今なお改修工事が続いている。

 ルイス・ガルシア監督は試合前日の記者会見で宣言した通り、大幅なターンオーバーを実施。連戦および今週末に残留争いの直接のライバルであるオサスナとの重要な一戦を控えていることを考慮してレギュラークラスの選手たちを多数温存し、0-0で引き分けた3日前の前節ビジャレアル戦から7人を入れ替えた。

 MFイ・ガンイン、DFジョアン・サストレ、MFロドリゴ・バタグリア、MFアレックス・フェバス、MFラゴ・ジュニオール、FWマシュー・ホッペが初めてスタメンに名を連ね、さらにBチームのDFジョゼップ・ガヤがトップチームデビューを飾った。しかし、同じくターンオーバーを行いMFルカ・モドリッチやMFカゼミーロなどを休ませたものの、リーガ得点ランキングTOP2を占めるFWカリム・ベンゼマやFWヴィニシウス・ジュニオールなどの強力FW陣を擁した首位レアル相手に、キックオフ前からまるで試合を捨てているかのような印象を与えていた。

 攻撃陣で唯一ビジャレアル戦に続きスタメン入りした久保は、4-2-3-1の右サイドハーフで5戦連続の先発出場を果たした。また、この日は久保がサンティアゴ・ベルナベウで初めてプレーするとのことで、試合当日のスペイン紙でその特集が組まれ注目されていた。さらに試合開始前のメンバー発表時、久保の名前が呼ばれるとスタンドから将来のレアル候補生に期待を寄せる大きな拍手が起こっていた。

 マジョルカは前半開始早々、最終ラインでガヤがボールをトラップした際に足を滑らせるという不運があり、ベンゼマに奪われ先制点を許す厳しい状況となったが、久保がその直後にいきなり見せ場を作った。同5分、右サイドに大きく開いてサイドチェンジのボールを巧みなトラップで受けてDFミゲル・グティエレスをかわしシュートを打つが枠に飛ばせず。同13分のボレーシュートは大きくゴール上を越えていった。そして同25分、イ・ガンインが中央突破し、レアルDF陣を切り裂いて決めたマジョルカ唯一のゴールの起点となるが、チームが劣勢に陥ったため守備に追われる時間が長くなり、途中で右膝を負傷したため、ハーフタイムでの交代を余儀なくされた。その後、マジョルカは失点を重ね、クラブ史上の今世紀リーガで最多失点となる1-6の惨敗を喫し、3戦連続未勝利となった。

現地記者は指揮官との“温度差”を指摘「チームのエネルギーが足りなかった」

 スペイン各紙はこの試合の久保をチームメートと同様に低く評価し、スペイン紙「マルカ」、「AS」はともに1点(最高3点)とした。一方、マジョルカの地元紙「ウルティマ・オラ」は「姿が見えず。所属元のクラブと対戦するも、ほとんど何も示すことができずハーフタイムに交代した」と酷評し、最低の0点(最高3点)をつけていた。

 試合直後、スペインのラジオ局「カデナ・セール」のペドロ・フジャナ記者は初めてサンティアゴ・ベルナベウでの戦いに挑んだ久保のパフォーマンスに言及しつつ、久保とルイス・ガルシア監督のモチベーションに大きな差があったことを訴えていた。

「今日はマジョルカが試合へのアプローチに失敗したという問題を抱えていたため、タケにとって本当に厳しいものになったと思う。今日のタケは初めてサンティアゴ・ベルナベウでプレーすること、そしていつの日かレアル・マドリードに戻る夢を叶えるために、マドリディスタ(レアル・マドリードサポーター)に自分の実力を示すということで、モチベーションがいつも以上に高かったはずだ。しかし、チームが同じモチベーションではなかった場合、1人の選手が流れを変えるのは非常に難しいものだし、今日はまさにそうだった」と、レアル戦に向けた久保とルイス・ガルシア監督の姿勢が大きく異なり、満足いくプレーができなかったことを強調した。

 続けて、「タケは果敢にゴールを目指し、プレーに関与しようと積極的に戦ったが、今日はチームにトップチームデビューの選手がいたし、ゲームのプランニングに失敗していたので、マジョルカの日にはならなかった。ルイス・ガルシアが今日よりも今度の日曜日のオサスナ戦のことを考えすぎていたので、チームのエネルギーが足りなかったと思う」と指揮官の気持ちが入っていなかったことを指摘していた。

 マジョルカは次節、中3日の26日にオサスナとの重要な一戦をホームで迎える。しかし、ルイス・ガルシア監督がレアル戦後に、久保が膝に痛みがあるため交代を要請したことを明かし、久保自身も試合翌日にインスタグラムで来月の代表戦不参加を発信したように、少なくとも代表ウィーク後の来月半ばまで欠場が続くことになりそうだ。クラブは現時点で久保の怪我について何も発表しておらず明確な復帰時期は不明だが、連戦の疲れを癒しつつ早期回復を願いたい。

Football ZONE web編集部