2点ビハインドで迎えた前半44分、ユーベDFボヌッチの上からヘディング弾

 イタリア1部サンプドリアは26日、セリエA第6節で強豪ユベントスと対戦。前半44分、日本代表DF吉田麻也がヘディングで今季2点目を決め、スポーツチャンネル「DAZN」は「魂の追撃ヘッド」と伝えている。

 敵地に乗り込み、良い流れで試合に入ったサンプドリアだが、前半10分にアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラにグラウンダーのシュートをねじ込まれて先制を許してしまう。その後、前半22分にディバラが途中交代となったなか、前半43分にはイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチにPKを決められ、リードは2点差に広がった。

 そこで意地を見せたのが、吉田だった。直後の前半44分、ショートコーナーでのパス交換からMFアントニオ・カンドレーヴァがクロスを上げると、ゴール前で構えていた吉田がイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチに競り勝ち、ヘディングシュートでネットを揺らした。

 吉田は9月12日のセリエA第3節インテル戦(2-2)に続いて今季2点目。スポーツチャンネル「DAZN」は、「吉田麻也 今季2点目。魂の追撃ヘッド。ボヌッチに競り勝ちたたき込んだ」と動画を速報している。

Football ZONE web編集部