10月7日のアウェーでサウジアラビア、12日にオーストラリアと対戦

 日本サッカー協会(JFA)は28日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の10月2連戦に臨む日本代表メンバー25人を発表。MF南野拓実、MF堂安律、DF冨安健洋らが選ばれたなか、9月の同予選メンバーに選ばれたMF久保建英、FW古橋亨梧は怪我のため選外となっている。

 日本は、最終予選のグループBでオーストラリア、サウジアラビア、中国、オマーン、ベトナムと同居。同予選の幕開けとなった9月2日のオマーン戦(吹田)で0-1の黒星スタートを切った一方、7日の中国戦(ドーハ)では1-0で勝利し、1勝1敗の勝ち点3でグループ4位につけている。

 上位2カ国が本大会出場権を獲得、3位がプレーオフに回る最終予選の10月2連戦では、7日にアウェーでサウジアラビア(ジェッダ)、12日にホームでオーストラリア(埼玉)と対戦。この試合に向けて発表されたメンバーには、南野、堂安、鎌田といった主要アタッカーのほか、守備陣にはアーセナルデビュー後、評価を高めている冨安やキャプテンのDF吉田麻也らが名を連ねた一方、怪我のため久保、古橋は外れた。

 オマーン戦での敗戦により危機感が漂うなか、グループ突破を争うライバルと目されるサウジアラビア、オーストラリアとの2連戦で、日本は順当に勝ち星を奪えるか。

 日本代表メンバーは以下のとおり。

■W杯アジア最終予選10月シリーズ招集メンバー

GK
川島永嗣(ストラスブール/フランス)
権田修一(清水エスパルス)
谷 晃生(湘南ベルマーレ)

DF
長友佑都(FC東京)
吉田麻也(サンプドリア/イタリア)
酒井宏樹(浦和レッズ)
室屋 成(ハノーファー/ドイツ)
植田直通(ニーム/フランス)
板倉 滉(シャルケ/ドイツ)
中山雄太(ズウォレ/オランダ)
冨安健洋(アーセナル/イングランド)
橋岡大樹(シント=トロイデン/ベルギー)

MF
原口元気(ウニオン・ベルリン/ドイツ)
柴崎 岳(レガネス/スペイン)
遠藤 航(シュツットガルト/ドイツ)
伊東純也(ヘンク/ベルギー)
浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)
南野拓実(リバプール/イングランド)
守田英正(サンタ・クララ/ポルトガル)
鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)
三好康児(ロイヤル・アントワープ/ベルギー)
堂安 律(PSV/オランダ)
田中 碧(デュッセルドルフ/ドイツ)

FW
大迫勇也(ヴィッセル神戸)
オナイウ阿道(トゥールーズ/フランス)

Football ZONE web編集部