9月シリーズから「どれだけ自分たちが挽回できるか」

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間7日(日本時間8日2時)にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でサウジアラビアと対戦する。中盤の一角で活躍が期待されるMF柴崎岳(レガネス)が試合前日、オンライン取材に応じた。

 9月2日のアジア最終予選初戦でオマーンに0-1と敗戦した日本は、続く中国戦で1-0と辛勝。首位オーストラリア(勝ち点6)、2位サウジアラビア(勝ち点6)、3位オマーン(勝ち点3)に続き、日本は勝ち点3で4位につけている。

 9月シリーズについて、柴崎は「個人的には、もう過ぎたことで変えられない結果と自分たちのしたことということがあるので、そこまで言及したくない。良くなかった部分は確実にあるわけで、それをどれだけ10月の初戦サウジアラビア戦にフォーカスできるか。個人的には、過ぎたことは仕方ないとして、どれだけ自分たちが挽回できるかにフォーカスできるかだと思う」とコメントした。

 サウジアラビア戦に向けて、選手個々のコンディション面は決して万全とは言えないものの、短期間での分析・整理がポイントと強調する。

「チームとして、フィジカル的には週末に各チームで試合をやった選手、やっていない選手でコンディションのバラつきがあるのは仕方ない。そのなかでできるだけ100%に近い状態で臨まないといけない。短い時間でどれだけ分析を頭に入れて、整理して練習に落とし込むことができるかが鍵で、今はその作業をしている最中」

 もっとも、柴崎自身の調子は上向きだ。3日のスペイン2部第8節ルーゴ戦(1-1)で鮮やかなシュートから今季初ゴールを奪っている。

 レガネスと代表での役割について、「そこまで大きくプレースタイルを変えなければいけないことはないので、似ている部分はあると思う。代表はさらに攻撃への関与が求められていることが多いと思う。個人的にはもっと得点に絡む仕事をしていかないといけないと感じる」と分析するなか、サウジアラビア戦でゴールに絡む活躍が期待される。

Football ZONE web編集部