グループ2位サウジと同4位日本の一戦 伊東純也や堂安律、久保建英らが不在

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループB第3節のサウジアラビア代表(FIFAランク71位/グループB・2位、勝ち点6)対日本代表(同24位/同4位、勝ち点3)の一戦が、現地時間7日(日本時間8日2時)にジェッダのキング・アブドゥラー・スポーツシティ・スタジアムで行われる。注目の一戦に先立ち、日本代表のスタメンがAFC公式ツイッターで発表された。

 9月2日のアジア最終予選初戦でオマーンと対戦した日本。W杯アジア2次予選の出場試合で7戦連続ゴールを継続中だったMF南野拓実(リバプール)が怪我で欠場し、ホームでまさかの0-1と黒星スタートを切った。

 続く中国戦では、オマーン戦からスタメン4人を変更。DF室屋成(ハノーファー)、DF冨安健洋(アーセナル)、MF古橋亨梧(セルティック)、MF久保建英(マジョルカ)を起用し、FW大迫勇也(ヴィッセル神戸)のゴールで1-0と辛勝した。

 サウジアラビア戦では、中国戦で1アシストのMF伊東純也(ヘンク)が累積警告で出場停止。久保が負傷で招集を見送られ、MF堂安律(PSV)は7日に怪我のためチームを途中離脱することが発表されている。

 日本代表のスターティングメンバーは以下のとおり。

【スタメン】
GK
権田修一(清水エスパルス)

DF
酒井宏樹(浦和レッズ)
吉田麻也(サンプドリア)
冨安健洋(アーセナル)
長友佑都(FC東京)

MF
遠藤 航(シュツットガルト)
柴崎 岳(レガネス)
南野拓実(リバプール)
鎌田大地(フランクフルト)
浅野拓磨(ボーフム)

FW
大迫勇也(ヴィッセル神戸)

Football ZONE web編集部