マラドーナとメッシを“最高の選手”と称賛 「幸せを与えてくれた」

 元イングランド代表FWギャリー・リネカー氏がスペイン紙「マルカ」のインタビューで、かねてから史上最高の選手に推すアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)とディエゴ・マラドーナ氏の2人こそが他に並ぶものがいないサッカー界の名手だと絶賛している。

 現役時代にイングランド史に残る名ストライカーとして活躍したリネカー氏。レスター・シティやエバートン、トッテナムの他にもスペインのバルセロナ、日本の名古屋グランパスでもプレーしたことで知られる。

 いまや解説者としてお馴染みになったリネカー氏は以前から世界最高の選手として、メッシの名前を挙げていた。また、常にメッシ同様にマラドーナ氏に対しても最大限のリスペクトを示してきたが、インタビューではあらためてその2人に対する称賛を口にしている。同氏によれば、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドでさえも比較対象にはならないという。

「彼ら(メッシとマラドーナ)は私たちに幸せを与えてくれました。例えば、世界には2人のロナウドのような偉大な選手もいますが、私は彼らのことは偉大なゴールスコアラーだと考えています。ディエゴとレオは、私や他のほとんどのプレーヤーがキャリアを通じてやったことのないことを、1試合のうちに2度も3度もやってのけてしまいます。彼らは別のスポーツをしていたんです。

 クリスティアーノも大好きで、とても尊敬しているが、私の正直な意見としては、誰がベストなのかという比較にはならない。なぜならそれはレオだからです。2人ともに最高の選手なだけにこの比較は心苦しいです」

 メッシは今夏バルセロナを離れて、パリ・サンジェルマンに渡ってからまだ本領発揮に至っていないが、リネカー氏にとってはユナイテッド復帰後好調のロナウドではなく、メッシこそがマラドーナ氏と並ぶ至高の存在であることに変わりはないようだ。

Football ZONE web編集部