W杯アジア最終予選でサウジアラビアに0-1黒星、出場メンバー16選手を5段階で査定

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間7日(日本時間8日)に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第3節でサウジアラビア代表と対戦。自分たちのミスを突かれ、0-1で敗れた。

 FIFAランキングでは、24位の日本に対して、サウジアラビアは71位。しかし、今回の最終予選では、まだ1勝の日本に対して、サウジアラビアが2連勝で第3節の対戦を迎えていた。互いにチャンスを作りながらも、GKの好守で得点を挙げられず、我慢の展開となったが、そこで日本はミスから失点を喫してしまい、0-1で敗れた。日本の出場16選手を5段階評価(最高が五つ星=★★★★★)で査定した。

<GK>
■権田修一(清水エスパルス)=★★★☆☆
 前半12分、最初のセットプレーでヘディングシュートを枠に飛ばされるが、好ポジショニングでゴールを守り抜く。後半5分にもカウンターからの大ピンチに、左足でシュートを止め、ゴールを許さなかったが、失点シーンでは味方のミスを帳消しにはできなかった。

(出場なし)
川島永嗣(ストラスブール)
谷 晃生(湘南ベルマーレ)

<DF>
■酒井宏樹(浦和レッズ)=★★★☆☆
 右サイドで堅実なプレーを見せた。前半37分にはゴール前に低くて速いクロスをゴール前に送り、大迫のシュートチャンスを演出。後半はより高いポジションを取り、攻撃に厚みを加えていた。

■吉田麻也(サンプドリア)=★★★☆☆
 前半18分に酒井が倒された時に主審に詰め寄って働きかけるなど、リーダーシップを発揮。最終ラインへのプレスも怠らない相手に苦しめられる場面もあったが、安全第一のプレーを見せていた。柴崎のパスがズレた失点シーンでの責任を問うのは酷か。

■冨安健洋(アーセナル)=★★★★☆
 アーセナル加入後、サイドバックでプレーをしていたが、久しぶりのセンターバックでも抜群の安定感を見せる。攻め込まれた際の判断が素晴らしく、ピンチの芽を早い段階で摘んだ。左右の足から相手の最終ラインの裏に送った精度の高いロングボールも好材料。

■長友佑都(FC東京)=★★★☆☆(→後半45分+1分OUT)
 サイドで上下動を繰り返すだけでなく、中央に絞ってのカバーリングやルーズボールへの素早い反応など、随所に年齢による衰えを感じさせないエネルギッシュなプレーを見せた。アディショナルタイムにベンチへ退く。

■中山雄太(ズウォレ)=評価なし(←後半45分+1分IN)
 4分間のアディショナルタイムの途中でピッチに立つ。出場時間が短かったため、評価なし。

(出場なし)
植田直通(ニーム)
室屋 成(ハノーファー)

柴崎はW杯最終予選ではあってはならない痛恨ミス

<MF>
■柴崎 岳(レガネス)=★☆☆☆☆(→後半28分OUT)
 相手のプレスだけでなく、審判のファウルの基準にも悩まされてボールロストする場面がいつになく多かった。後半26分には相手の守備にハメられたなかで、バックパスをミス。途中出場したサウジアラビア代表FWに先制ゴールを許し、無念の途中交代となった。

■遠藤 航(シュツットガルト)=★★★☆☆
 球際の強さを見せ、ルーズボールの回収にも尽力。プレスをかけに来る相手にボールロストする場面もあったが、基本的には冷静にボールを動かしながら対応していた。終盤まで相手ゴール前に攻め込む姿も見られたが、得点には絡めず。

■浅野拓磨(ボーフム)=★★☆☆☆(→後半14分OUT)
 伊東純也が出場停止、堂安律、久保建英の東京五輪コンビが負傷で不在のなかで先発に抜擢。右サイドの守備でハードワークしつつも、持ち前のスピードで最終ラインの裏を突き、狙いある動きを見せたが、決定機に絡めないまま後半の早い時間帯で交代となった。

■鎌田大地(フランクフルト)=★★☆☆☆(→後半28分OUT)
 相手にしっかりとマークされて、なかなか守備のギャップを突けなかった。それでも前半27分には、ボールがこぼれてくる先を読み、1タッチで大迫に絶妙なスルーパスを送り、一瞬でチャンスを作れる異能を示す。

■南野拓実(リバプール)=★★☆☆☆(→後半14分OUT)
 左サイドで先発したが、中央に絞ってプレーし、長友佑都が攻撃参加するスペースを作る。最終ラインへのプレスも献身的にこなした。全体的にボールに絡む回数は少なく、相手にとって脅威となりきることはできなかった。

大迫は決定機があるもモノにできず

<MF>
■古橋亨梧(セルティック)=★★☆☆☆(←後半14分IN)
 南野拓実との交代でピッチに立つ。左サイドでは、なかなか持ち味を出し切れていなかった。ゴール前に入った後半43分には、原口からの低くて速いボールから決定機を迎えたが、セルティックで示している決定力を日本代表では示せなかった。

■原口元気(ウニオン・ベルリン)=★★★☆☆(←後半14分IN)
 浅野拓磨との交代でピッチに立ち、攻守で力強いプレーを見せた。高い位置で相手のファウルを誘ってフリーキックを獲得し、後半42分にはゴール前に侵入した古橋の特徴を生かすクロスを送るなど、惜しいチャンスを作り出した。

■守田英正(サンタクララ)=★★★☆☆(←後半28分IN)
 失点直後に柴崎岳との交代で最終予選初出場を果たす。反撃に転じなければならない状況のなかで、中盤を運動量豊富に動き回り、対人の場面でもしっかりと強度を見せていた。

(出場なし)
板倉 滉(シャルケ)
三好康児(アントワープ)
田中 碧(デュッセルドルフ)

<FW>
■大迫勇也(ヴィッセル神戸)=★★☆☆☆
 前半29分にMF鎌田からスルーパスを受けて、見事なトラップでシュートに持ち込むがGKの好守に阻まれる。同37分にも酒井からのクロスを1タッチで合わせたが枠に飛ばせなかった。体を張ったポストプレーを見せたが、ゴールがほしかった。

■オナイウ阿道(トゥールーズ)=★★☆☆☆(←後半31分OUT)
 失点直後にゴールを期待されて投入される。なかなかボールに絡むことができずに、左サイドからのクロスをシュートに持ち込んだ場面でも、ファーストタッチが乱れてブロックされたため、スルーして古橋に任せたほうが良かったか。

Football ZONE web編集部