新オーナーとなったPIFの総資産は48兆6955億円と報道

 サッカー界の勢力図を大きく塗り替える可能性がある買収が7日に発表された。プレミアリーグのニューカッスルは、サウジアラビアの政府系ファンド「パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)」の主導で、PCPキャピタルパートナーズとRBスポーツアンドメディアからなるグループが、クラブを買収したことを発表した。ニューカッスルは世界で最も資金力のあるクラブになったと、英メディア「GIVEMESPORT」が報じている。

 英公共放送「BBC」は、新オーナーはニューカッスルの買収に3億500万ポンド(約464億円)を投じたと報じられているが、PIFの資金力は、チェルシーのロマン・アブラモビッチ氏の30倍以上、マンチェスター・シティのシェイク・マンスール氏の10倍以上、さらに新銀河系軍団を作り上げたパリ・サンジェルマン(PSG)のオーナーであるカタール・スポーツ・インベストメントをもはるかに上回るという。

 英紙「デイリー・メール」によると、世界で最も資金力のあるオーナーのトップ10リストは下記の通り(左から順位、チーム名、オーナー名、総資産)。

10位 ウォルバーハンプトン グオ・グアンチャン氏 52億ポンド(約7913億円)
9位 インテル・ミラノ 張近東氏 62億ポンド(約9436億円)
8位 アーセナル スタン・クロエンケ氏 68億ポンド(約1兆342億円)
7位 LAギャラクシー フィリップ・アンシュッツ氏 81億ポンド(約1兆2320億円)
6位 チェルシー ロマン・アブラモビッチ氏 105億ポンド(約1兆5974億円)
5位 ユベントス アンドレア・アネッリ氏 140億ポンド(約2兆1230億円)
4位 RBライプツィヒとRBザルツブルク ディートリヒ・マテシッツ氏 157億ポンド(約2兆3892億円)
3位 マンチェスター・シティ シェイク・マンスール氏 210億ポンド(約3兆1956億円)
2位 PSG カタール・インベストメント・オーソリティ 2200億ポンド(約33兆4781億円)
1位 ニューカッスル パブリック・インベストメント・ファンド 3200億ポンド(約48兆6955億円)

 これまでニューカッスルのオーナーを務めていたマイク・アシュリー氏は、チームが優勝争いをするための十分な資金を持ち合わせておらず、二度もクラブを2部リーグに降格させ、ファンからは批判を集めていた。ようやくクラブの売却が完了すると、クラブのレジェンドである元イングランド代表FWアラン・シアラー氏も、「特別な日」と喜びのコメントを出している。

「GIVEMESPORT」は「ニューカッスルは、無制限の資金を手に入れ、獲得を望む選手にいくらでも使えるようになった。彼らがイングランドで最高のチームの一つに戻るのは、時間の問題だ」と、古豪復活を予見している。

 2023年1月の移籍市場からニューカッスルがどのような動きを見せるのか、注目が集まる。

Football ZONE web編集部