3連勝中のオーストラリアと激突、結果次第では本大会行きに暗雲

 日本代表(FIFAランク26位)は12日、埼玉スタジアムで行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第4節・オーストラリア戦(同32位)に臨む。試合に先立ち、スターティングメンバー11人を発表した。

 日本は前節のサウジアラビア戦を0-1で落とし、今予選の通算成績は1勝2敗の勝ち点3。中国、オマーンと3位グループを形成し、最終予選で3連勝中の首位オーストラリア、2位サウジアラビアとの勝ち点は6ポイント離されている。

 7日のサウジ戦では、2列目にMF南野拓実(リバプール)、MF鎌田大地(フランクフルト)、MF浅野拓磨(ボーフム)を起用したものの、後半に失速。後半26分、MF柴崎岳のバックパスをかっさらわれて決勝点を許した。

 W杯本大会への出場権を自動的に得られるグループ2位以内での突破を狙うためには、このオーストラリア戦では是が非でも勝利が求められる。結果次第では、W杯本大会行きが危ぶまれる”運命の一戦”となるだけに、その戦いぶりに注目だ。

 日本代表のスターティングメンバーは以下のとおり。

GK
権田修一(清水エスパルス)

DF
酒井宏樹(浦和レッズ)
吉田麻也(サンプドリア)
冨安健洋(アーセナル)
長友佑都(FC東京)

MF
遠藤 航(シュツットガルト)
田中 碧(デュッセルドルフ)
南野拓実(リバプール)
伊東純也(ヘンク)
守田英正(サンタ・クララ)

FW
大迫勇也(ヴィッセル神戸)

Football ZONE web編集部