浦和のホーム・埼玉スタジアムで日本代表戦を観戦

 日本代表は12日に埼玉スタジアムでカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア戦に臨み、2-1と競り勝った。会場には1万4437人が駆けつけたなか、浦和レッズのFWキャスパー・ユンカーが現地観戦ショットを公開している。

 前半8分にMF田中碧の代表初ゴールで日本が先制。その後、後半25分にFKから同点ゴールを許したが、同41分に途中出場のFW浅野拓磨が放ったシュートが相手DFに当たり、相手GKも弾いたボールがゴールポストへ。こぼれ球から相手DFアジズ・ベヒッチのオウンゴールになり、日本が2-1で勝ち越した。

 試合直後にユンカーが自身のツイッターを更新。「#サッカー日本代表、素晴らしい勝利おめでとうございます!重要な勝ち点3!」と綴り、現地ショットを投稿している。

 ファンから「キャスパーありがとう!」「素晴らしい4ショット」「スタイルよすぎ」などのコメントが寄せられていた。

Football ZONE web編集部