イアン・ラッシュ氏が言及「リーグ戦を優勝した当時のチームのようだ」

 プレミアリーグで2位のリバプールは、唯一の無敗をキープしており、2019-20シーズン以来2シーズンぶりの優勝を目指している。クラブOBの元ウェールズ代表FWイアン・ラッシュ氏は、現在のチームがすでに2020年時のチームよりも良くなっており、冬の移籍市場での衝動的な補強をしないよう、クラブへ助言している。英地元紙「リバプール・エコー」が報じている。

 リバプールで通算660試合に出場し、346ゴールを記録しているレジェンドは、昨シーズンにポルトガル代表FWディオゴ・ジョタを補強したことが、大幅な戦力アップにつながったと感じているという。

 現在、リーグ戦ではチェルシーに次ぐ2位のリバプールだが、7節を終了した段階で、すでに優勝争いを繰り広げるとされるマンチェスター・シティ、チェルシーとのホームゲームも終えている。強豪との試合を消化しながらも、無敗を維持しているチームについて、ラッシュ氏は「彼らは素晴らしいスタートを切ったと思う。リーグ戦を優勝した当時のチームのようだ。もしかしたら、その時以上だね。負傷者が出ないことを願うが、ヴィルジル・ファン・ダイクが復帰して、アリソンがゴールを守り、前線は3人ではなく、4人になったからね」と、その強みを語った。

 リバプールは、エジプト代表FWモハメド・サラー、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、さらにセネガル代表FWサディオ・マネの3トップが看板だった。「2年前の『前線のトリオ』ではなく、今はディオゴ・ジョタが加わり4人になった。だからこそ、リバプールを見ていれば、得点を挙げるところが見られるだろう」と、クラブの攻撃力に太鼓判を押した。

1月の移籍市場は「パニック買いになりやすいから注意が必要」

 ただし、今年は1月にアフリカ・ネーションズカップが開催される。代表でも主力のサラーとマネの2選手が、長期クラブを離れる可能性もある。タイトルを争ううえで、主力の離脱は打撃になり兼ねないが、ラッシュ氏は1月の移籍市場で新戦力を補強する必要はないと強調した。

「私はクラブが十分な戦力を抱えていると考えている。1月に入って、どこにいるかを見るべきだ。良くやっていれば、そのままでいい。1月は難しい。最高の選手が移籍するのは、通常、シーズン終了後だからね。正直なところ、(1月の移籍市場は)パニック買いになりやすいから、注意が必要だ」

 そして、「この4人と、ディヴォック・オリギ、南野拓実もいる。シーズン終了時に成功を収めるためには、これで十分だと感じているよ。私からすると、リーグを制した2020年のチームに戻った感じだ。負傷した3人のセンターバックの復帰は、新しい選手が加入したようなものだ。これ以上必要ないところに、新しい選手を獲得してどうする? これが私の考えだよ」と、持論を展開している。

 良いスタートを切ったリバプール。オリギや南野らは、なかなか出場機会を得られていないが、彼らが必要とされた時に活躍できるかどうかは、2年ぶりのタイトルに向けたカギとなりそうだ。

Football ZONE web編集部