遠藤保仁は「それぐらいステータスとオーラがある選手」

 辛口批評で知られるサッカー解説者のセルジオ越後氏が、自身のYouTubeチャンネル「セルジオ越後チャンネル『蹴球越後屋』」を更新。日本が誇る2人の天才司令塔の名前を挙げ、「あの本田圭佑も遠慮してたからね」「日本サッカー界の記憶にずっと残る」と手放しで称賛している。

「【激辛一変!】セルジオが惚れ込んだ二人の天才・司令塔」と題した動画では、越後氏が選んだ日本の歴代ベストイレブンを紹介しており、その中で天才2人に注目。1人目はジュビロ磐田に在籍している元日本代表MF遠藤保仁だ。

 現在41歳の遠藤は、横浜フリューゲルス、京都パープルサンガを経て、2001年からガンバ大阪でプレー。G大阪の黄金時代を築き上げ、日本代表としても152試合に出場して日本代表最多出場記録を持つ。20年10月から磐田に期限付き移籍し、J2リーグで首位に立つチームの中でここまでリーグ戦29試合に出場し、3ゴールと結果を残している。
 
 越後氏は遠藤と似たプレースタイルの世界的名手として元イタリア代表MFアンドレア・ピルロの名前を挙げつつ、次のように続けた。

「(遠藤は)現代サッカーに近いサッカーをやり始めた。パスサッカー。遠藤はパスをはたいてもらう、はたいてもらう。だから今でも(現役で)やっている。そういうところが遠藤の幅。特に現代のパスサッカーで、彼はまだまだいける」

 また印象に残るプレーとして、2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ第3節デンマーク戦で決めたFKをピックアップ。「どこが凄いかといったら、あの本田圭佑も遠慮してたからね。それぐらいステータスとオーラがある選手」と遠藤を褒めちぎった。

中村俊輔に魅了された越後氏「どの国に行ってもキックは成功する」

 2人目の天才として越後氏が取り上げたのは、横浜FCに所属する元日本代表MF中村俊輔だ。日本代表の10番を長年背負ったレフティーは、横浜マリノス(横浜F・マリノス)から海外に活躍の場を求め、レッジーナ(イタリア)、セルティック(セルティック)、エスパニョール(スペイン)でプレーした。16年に古巣の横浜FMに復帰後、磐田を経て、19年から横浜FCに籍を移した。

「キッカーとして左足は物凄いものを持っている。どの国に行ってもキックは成功する。セットプレーの名手。日本サッカー界の記憶にずっと残る」と語り、誰もが認める左足のキックに越後氏も魅了されたという。

 その一方、日本代表ではフィリップ・トルシエ監督時代に苦労があったと指摘。「コンタクトプレーとか激しさを好むトルシエのような監督に、俊輔は苦労したんじゃないかな。ジーコは技術を好む監督。そうしたら(中村が)選ばれた」と振り返っていた。

Football ZONE web編集部