ベトナムに1-0勝利 出場メンバー16選手を5段階査定

 日本代表は11日、アウェーでカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第5節ベトナム戦に臨み、1-0で勝利した。

 欧州組の11選手が移動中に足止めを食らうアクシデントもあり、全体練習が前日の1時間しかできなかった日本。それでも森保一監督は、前節のオーストラリア戦(2-1)から右サイドバックをDF酒井宏樹(浦和レッズ)からDF山根視来(川崎フロンターレ)に変更する最小限の選手交代で試合に臨んだ。

 今予選、ここまで4戦全敗で最下位に沈むベトナムを相手に日本は終始、優勢に試合を進めたが、ゴールは前半17分にFW伊東純也(ヘンク)が挙げた1点のみ。それでも、ベトナムにチャンスらしいチャンスを作らせない、危なげない試合運びを見せて1-0の勝利を収めた。

 最終予選の折り返し地点となる5節を終えて3勝2敗と、通算成績で勝ち越すことができた日本。この一戦で、各選手はどのようなパフォーマンスを見せたのか。出場16選手を5段階評価(最高が五つ星=★★★★★)で査定した。

<GK>
■権田修一(清水エスパルス)=★★★☆☆
 90分を通してエリア内からシュートを打たせなかった試合のなかで、活躍が求められる場面はほとんどなかった。ミドルシュートや最終ラインの裏に蹴られるボール、クロスに集中力を切らさずにしっかり対応。

(出場なし)
川島永嗣(ストラスブール)
谷 晃生(湘南ベルマーレ)

<DF>
■山根視来(川崎フロンターレ)=★★★☆☆
 ベンチ外となったDF酒井宏樹に代わり先発に抜擢されて最終予選初出場を果たす。序盤はボールが足につかない場面が散見したが、時間とともに適応して、伊東のポジションに応じた攻撃参加から対面するDFを苦しめた。

■吉田麻也(サンプドリア)=★★★☆☆
 ヨーロッパからの合流が遅れるトラブルに見舞われた一人。何度か裏を取られそうになる場面もあったが、周囲と連動して堅守を築いた。ボールを保持できる展開のなかで、冨安とともに安定したボールさばきを見せた。

■冨安健洋(アーセナル)=★★★★☆
 所属クラブで右サイドバックを務めていることを感じさせない安定したプレーぶり。ベトナムが前からボールを奪いにこようとしたところで、正確な縦パスを入れてプレス回避を可能にした。

■長友佑都(FC東京)=★★★☆☆(→後半18分OUT)
 左サイドで高い位置を取ることによって、守田がフリーでボールを扱えるスペースを作る。ベトナムにサイドから崩される場面もなく、ベンチに退くまで無難なプレーを見せた。

■中山雄太(ズウォレ)=★★★☆☆(←後半18分IN)
 最初は味方との距離感が良くなかったが、時間の経過とともに左サイドで同時出場した浅野との呼吸が合った。守備でも安定したプレーを見せ、快速のアタッカーを生かすフィードも終盤は利いていた。

(出場なし)
室屋 成(ハノーファー)
板倉 滉(シャルケ)

殊勲の決勝ゴールを決めた伊東は「圧倒的な活躍ぶり」

<MF>
■遠藤 航(シュツットガルト)=★★★★☆
 守田と田中が左右に広く動くなか、中央のスペースを広くカバーして全体のバランスを維持。最終ラインが跳ね返したボールやルーズボールも落ち着いて回収した。

■田中 碧(デュッセルドルフ)=★★★☆☆(→後半30分OUT)
 前半6分に右サイドから南野のシュートチャンスを作り、チームを勢いづけた。球際での強さを見せ、ピンチの芽を未然につぶすボール奪取でも貢献。ほとんどチャンスにつながらなかったセットプレーが課題か。

■柴崎 岳(レガネス)=★★★☆☆(←後半30分IN)
 途中出場して、積極的に2点目を狙う姿勢を見せた。後半36分、同40分にはミドルシュートを枠に飛ばして、相手GKを慌てさせる。代表に長くいる利点を生かして、セットプレーも味方に合わせていた。

■南野拓実(リバプール)=★★★☆☆(→後半18分OUT)
 劣悪なピッチ状態もあり、前半6分にMF田中碧のパスから決定機を迎えたが、シュートを枠に飛ばせず。その反省を踏まえたかのように先制点の場面では、伊東に対して丁寧なクロスを送り、この試合唯一のゴールをアシスト。

■浅野拓磨(ボーフム)=★★★☆☆(←後半18分IN)
 投入された直後は、より多くのボールに絡もうとしすぎたのか、低い位置を取ってノッキングを起こしたが、徐々に周囲との距離感が良くなる。効果的な走りで、反撃に出ようとするベトナムを牽制する役割を果たした。

■伊東純也(ヘンク)=★★★★★
 カウンターからスピードを生かして先制ゴールを記録。幻となったが、前半41分にはロングカウンターで追加点を叩き込む。ボールを失った際の切り替えも早く、プレスバックによってベトナムのカウンターを封じるなど、圧倒的な活躍ぶり。

■守田英正(サンタ・クララ)=★★★☆☆(→後半43分OUT)
 長友が高い位置を取って、相手を引き付けたスペースを利用してゲームメイク。球際に強く来る相手選手にも向かっていった。前半30分の場面のように、相手がバイタルエリアに空けたスペースを利用して、よりシュートを多く打てればなお良かった。

■原口元気(ウニオン・ベルリン)=採点なし(←後半43分IN)
 所属クラブでも務めるインサイドハーフで起用される。短い時間でも球際でしっかり戦い、ボールを奪ってからスムーズに攻撃へ移行するなど、日本の選手層の厚さを感じさせるプレーを見せた。

(出場なし)
鎌田大地(フランクフルト)
堂安 律(PSV)
三笘 薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)

大迫は先制ゴールシーンで起点も「物足りないパフォーマンス」

<FW>
■大迫勇也(ヴィッセル神戸)=★★☆☆☆(→後半30分OUT)
 縦パスを収めて先制ゴールの起点となる。ただし、この場面以外はあまり目立ったシーンがなく、本来の能力を考えれば、物足りないパフォーマンスだった。

■古橋亨梧(セルティック)=★★☆☆☆(←後半30分IN)
 大迫との交代で、そのままセンターフォワードに入る。しかし、ゴール前に人を並べて守るベトナムを相手に、なかなか見せ場を作れず。それでも後半アディショナルタイムには、浅野にクロスを送ったがわずかに合わなかった。

Football ZONE web編集部