ハンス=ディーター・フリックは28歳で現役を引退

 15年間という長期政権を担っていたヨアヒム・レーブからドイツ代表監督を引き継いだハンス=ディーター・フリックは、順調な船出を切っている。就任後7戦7勝というのは歴代最高の戦績だ。カタール・ワールドカップ(W杯)出場権も危なげなく手中に収めている。

 ドイツを再び世界の頂点へと導く指揮官として期待されているフリックとは、どんな人物だろうか。

“ハンシィ”の愛称で親しまれているフリックは、日本人観光客にも馴染みのある古城と大学街のハイデルベルクで生まれた。地元街クラブでサッカーをはじめ、1981年には当時4部リーグに所属していたサンドハウゼン(現2部所属)へ移籍している。20歳の頃トップチームで素晴らしいパフォーマンスを見せる若者の噂を聞きつけたバイエルン・ミュンヘンのウド・ラテック監督がアシスタントコーチのエゴン・コールデスを試合視察に派遣。試合翌日には契約書へのサインが交わされたという。

 バイエルンでは85年から90年の5年間で4度のリーグ優勝と1度のカップ戦制覇。86-87シーズンにはリーグチャンピオンシップ(現在のチャンピオンズリーグの前身)の決勝へ駒を進めたが、この時は残念ながら準優勝に終わっている。

 その後、ケルンへ移籍するも怪我の影響もあり、多くの試合に出場することはできなかった。28歳の若さで現役を引退。代表歴はなかった。

 96年に地元にあった4部クラブのビクトリア・バンメンタールで指導者としてのキャリアをスタート。指導者としての資質はすでに高く評価され、98-99シーズンには5部降格となったものの、クラブはフリックを手放さそうとはしなかったほどである。

 フリックに注目したのが、ホッフェンハイム会長ディートマール・ホップだ。2000年にホッフェンハイム監督として移籍を果たすと、最初のシーズンで4部から3部へ昇格に成功し、03-04シーズンには3部リーグクラブながらドイツカップで勝ち上がり、ベスト16で強豪レバークーゼンを撃破するなど旋風を巻き起こした。05年にホッフェンハイムを去ることになったフリックは、ジョバンニ・トラパットーニが総監督を務めるザルツブルクでアシスタントコーチになった。

運命を変えた2006年夏のレーブ監督からの“ラブコール”

 そして運命の電話がかかってきたのはその翌年だった。06年夏、ユルゲン・クリンスマンの後任として代表監督に就任することになっていたレーブから代表アシスタントコーチとして誘われたのだ。

 レーブの片腕として戦術サポートをしたフリックの尽力もあり、ドイツ代表は08年欧州選手権(EURO)2位、10年ワールドカップ(W杯)3位、12年欧州選手権ベスト4、そして14年W杯では優勝を果たす。

 14年9月からはドイツサッカー連盟(DFB)のスポーツディレクターとしてドイツサッカーの新しいプロジェクトを率いた。17年にホッフェンハイムにスポーツ部門部長として戻るが、これはうまくいかず。そして19年、ニコ・コバチのアシスタントコーチとしてバイエルンへ。現場に戻ったフリックは次のような喜びのコメントをしている。

「また選手と一緒に、そしてニコ・コバチと一緒に仕事ができるのを楽しみにしている。話が来た時、もう長く考えたりはしなかった。バイエルンは私の心にあるクラブだ。トップアドレスなんだ」

 これまで、どちらかと言うと裏からチームを支える存在だったフリックが急遽表舞台に立つようになったのは、コバチがフランクフルトに1-5で完敗した後に解任され、暫定監督としてチームを率いることになった時だ。

「監督としての経験が乏しい」と世間はあくまでも一過的な対応だと思っていたが、フリックはチームを立て直すどころか、さらに新しい次元へと持ち上げ、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)をはじめ年間6冠という偉業を達成してみせる。

 素顔のフリックはいつでも謙虚だ。どれだけ好成績をあげても周りへの感謝をまず口にする。

「数々のタイトルの裏には、ハードな仕事と毎試合高いモチベーションで取り組んでいたチームがあったのだ」

ビルツ、ムシアラら10歳の選手も積極起用

 バイエルン2シーズン目にはリーグ優勝の1冠止まり。さらにはスポーツディレクターのハサン・サリハミジッチとの確執があったためにバイエルン監督の辞任を決断。おりしもレーブ後任監督を探していたドイツ代表にとっては絶好のタイミングではあった。DFBチームマネージャーのオリバー・ビアホフはすぐにコンタクトを取ると、話を綺麗にまとめて見せた。

「ドイツ代表は常にベストの陣容で揃えていなければならない。年齢やキャリアは関係ない」

 就任会見で明確な言葉をドイツ中へと送った。そして現在の代表はキャプテンのマヌエル・ノイアー(35歳)、トーマス・ミュラー(32歳)、マルコ・ロイス(32歳)、イルカイ・ギュンドアン(31歳)らベテラン勢も多い一方で、カリム・アデエミ(19歳)、ジャマル・ムシアラ(18歳)、フロリアン・ビルツ(18歳)といった10代の選手も継続的に招集し、試合でも積極的に起用している。

「私だけではなく、コーチングチーム全体の仕事だ。このチームには素晴らしいポテンシャルがある。ファンと一緒に雰囲気を作り出すことができたのは素敵だ」

 代表戦の後、フリックは毎回のようにこうしたメッセージを口にしている。ともに仕事をするスタッフがみんな居心地よく、自分の力を発揮できるようにと気を配ってくれる指揮官を中心に、ドイツはいま新たな道を歩み出していく。

Football ZONE web編集部