代表帰りの柴崎、サラゴサ戦で今季2ゴール目を決めて勝利に貢献

 スペイン2部レガネスに所属する日本代表MF柴崎岳が、11月22日のリーグ第17節・サラゴサ戦に出場し、圧巻のミドルシュートを決めて2-0勝利に貢献。クラブ公式がロッカー室での歓喜ショットを公開、柴崎の“ひょっこり”ショットを紹介している。

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の11月シリーズで2試合に出場した柴崎は、代表帰りで迎えたサラゴサ戦にスタメン出場。1-0とリードして迎えた後半20分、相手ペナルティーエリア前から鮮やかなミドルシュートを叩き込み、今季2ゴール目をマークして2-0勝利に大きく貢献した。

 クラブ公式ツイッターは「チームも良い雰囲気になっているのがとってもわかる」とロッカー室の写真をアップ。「全く油断はできませんが、一旦降格圏を抜け出しました。なかなか勝てず苦しかったけど、まだまだこれから そしてガクはいつも後ろからひょっこりね」と続け、背後からひょっこりと顔を出す柴崎の様子にも触れている。

 ファンも「ひょこりはん」「そこがまた岳さんらしいです!」「笑顔が素敵です」と反応。代表帰りで結果を残した日本人ボランチは、チームの主軸としてさらなる活躍を見せてくれそうだ。

Football ZONE web編集部