【インタビュー#3】サロモンソンはイブラヒモビッチのプロフェッショナルぶりに感銘

 J1リーグのアビスパ福岡に所属するDFエミル・サロモンソンは、母国スウェーデンで3クラブ、日本で2クラブを経験し、スウェーデン代表としても8キャップを刻む。UEFAヨーロッパリーグ(EL)でもプレーした熟練のサイドバック(SB)に、「凄いと思った選手」を挙げてもらった。(取材・文=Football ZONE web編集部・小田智史/全4回の3回目)

   ◇   ◇   ◇

 母国スウェーデンでプロキャリアをスタートさせたサロモンソンは、エンゲルホルム、ハルムスタッズを経て、2011年に移籍した古豪IFKヨテボリで右SBのレギュラーとして活躍した。19年に初めてスウェーデン国外に飛び出し、サンフレッチェ広島でJ1リーグ戦19試合2得点を記録すると、翌20年シーズンは福岡へ期限付き移籍。上下動を繰り返し、全力で戻ってボールを奪うプレースタイルが、攻守連動のアグレッシブなサッカーとマッチし、J2リーグ最少失点(29)の守備を誇ったチームの中で39試合2得点と昇格に貢献した。

 11〜17年にスウェーデン代表にも招集されたサロモンソン。「凄いと思った選手」を尋ねると、「スウェーデン出身の同胞」「日本での対戦相手」「広島時代の同僚」「福岡の同僚」という4つ視点から名前を挙げた。

「まず、スウェーデン人で言うならズラタン・イブラヒモビッチ選手です。私が思うに、彼はフットボーラーの中で一番の“勝ち組”というか、本当にプロフェッショナルな選手で、いつも見ていて感心しました」

 ユベントス、FCバルセロナ、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・ユナイテッドなど、欧州の強豪チームを渡り歩いてきた8歳年上のイブラヒモビッチ(ACミラン)とは、2016年3月の親善試合チェコ戦(1-1)でスウェーデン代表の一員として共闘。そのプロフェッショナルぶりには感銘を受けたという。

 そして、Jリーグでの対戦においては、過去3回対戦し、試合後に2ショット撮影もしたヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが印象に残っているという。

「日本で対戦して一番凄いなと思ったのはイニエスタ選手。彼のフットボールは特別なことはしなくて、すごくシンプルだけど、ダンスをするように美しいプレーをしています」

広島と福岡の同僚からは川辺駿と前寛之を選出

 そして、サロモンソンは広島と福岡の同僚からは、日本代表MF川辺駿(グラスホッパー)、MF前寛之をそれぞれ指名している。

「川辺選手はクラシックなボックス・トゥ・ボックスの選手で得点能力もある。ヒロ(前)は我々のリーダー。アビスパというチームの心臓的な存在で、ビルドアップ、ボールへのプレッシャー、コーチング、すべてのことを中心となってやってくれます。ヒロはJリーグでトップ5に入る選手じゃないかなと私は思っています。アビスパで彼と一緒にプレーできるのは本当に嬉しいです」

 サロモンソンは対戦した選手、切磋琢磨した選手から多くの刺激を受け、32歳となった今も成長を追い求め続けている。

[プロフィール]
エミル・サロモンソン/1989年4月28日生まれ、スウェーデン出身。エンゲルホルム―ハルムスタッズ―IFKヨテボリ(いずれもスウェーデン)―広島―福岡。スピード、高精度のクロスに加え、パワフルなシュートも兼ね備える熟練の右サイドバック。大のNBAファンで、好きなチームはシカゴ・ブルズ、好きな選手はケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)とヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)。

Football ZONE web編集部