ヘアドネーションを報告した川澄、ばっさりカットのイメチェンにファンも仰天

 米女子サッカーリーグNWSLのゴッサムFCに所属するFW川澄奈穂美が自身のSNSを更新。30センチ近くばっさりと髪の毛を切って大変身した姿を公開し、「変身ですね」「めちゃくちゃ似合ってる」と驚きが広がっている。

 川澄は2008年から12年までINAC神戸レオネッサでプレー。2014年からNWSLのシアトル・レイン(現OLレイン)に移籍してアメリカでの挑戦を始め、現在はゴッサムFC(今年4月にスカイ・ブルーFCから名称変更)に所属している。

 今季は11月7日のリーグプレーオフ準々決勝(対シカゴ・レッドスターズ/0-1)での敗戦でシーズンが終了。24試合1得点の成績を残した川澄は日本へ帰国しているなか、自身のインスタグラムで「ヘアドネーションしました!」と報告した。

「今回は約2年伸ばしました! 髪伸びるのは早い方です。若いから代謝が良いんだと思います。若いから。若いからね!」と続けて、30センチ近く髪の毛を切る様子などを紹介している。

 大胆なイメチェンにファンも驚きを露わにしており、「ドライヤー時間短縮ですね」「変身ですね」「バッサリいきましたね」「めちゃくちゃ似合ってる」「さっぱりカット」などのコメントが続々と届き、反響が広がっていた。

Football ZONE web編集部