エバートンDFゴッドフリーのSNSにさまざまな声「あなたは退場になるべきだった」

 日本代表DF冨安健洋が所属するイングランド1部アーセナルは、現地時間12月6日に行われたアウェーのリーグ第15節エバートン戦で1-2と敗れた。右サイドバック(SB)でフル出場した冨安が相手選手に顔を足裏で踏まれたなか、踏んだ当事者であるエバートンDFベン・ゴッドフリーのSNSに非難の声が殺到している。

 前半アディショナルタイムにMFマルティン・ウーデゴールの一撃でアーセナルが先制。しかし後半29分にFWリシャルリソン、終了間際にMFデマレイ・グレイにゴールを奪われ、アーセナルは1-2と逆転負けを喫した。 

 波紋を呼んでいるのは、0-0で迎えた前半28分のシーンだ。冨安が右サイドでエバートンMFアランと競り合って倒れ、その直後に相手DFゴッドフリーに足裏で顔面を踏まれる形となった。冨安はあご付近に切り傷を負ってわずかに出血。冨安はファウルを主張し、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)がチェックするも、ゴッドフリーへカードは提示されずにノーファウルの判定となった。

 偶然か、意図的か。ゴッドフリーの踏みつけ行為を巡って現地メディアでもさまざまな声が上がるなか、ゴッドフリーのSNSには辛辣な言葉が続々と寄せられている。

「わざとだ!」
「汚い行為だ」
「冨安に謝罪せよ」
「真っ赤っかのレッドカード」
「あなたは退場になるべきだった。代わりに謝罪します」
「わざと踏んだのに誤魔化すのが上手い」
「バイオレンス・プレーヤー」
「なぜ冨安に謝罪しないんだ?」

 試合から日が経っても論争が続いており、ファンの怒りも増幅しているようだ。

Football ZONE web編集部