退団発表を受けて、ファンから日本復帰を望む声「セレッソ戻ってこいよ」

 ギリシャ1部の強豪PAOKサロニカは12月19日、双方同意のうえでMF香川真司との契約を解除すると発表。日本代表で10番も背負ったアタッカーの新天地に注目が集まるなか、ファンから「日本復帰ある?」「セレッソ復帰?」と電撃復帰を望む声が上がっている。

 PAOKは公式サイトで「PAOK FCと日本人選手は、双方合意の下、協力関係を終了し、契約解除を決定した。香川選手のさらなる活躍を祈っております」と正式発表した。

 現在32歳の香川は、2006年にセレッソ大阪へ加入。10年夏にドイツのボルシア・ドルトムントへ移籍すると、ユルゲン・クロップ監督の下で才能を一気に開花させ、リーグ連覇や国内2冠を達成した。

 12年夏にイングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドへ移籍するも定位置確保には至らず、14年夏に古巣ドルトムントへ復帰。その後、ベジクタシュ(トルコ)、サラゴサ(スペイン)を経て、21年1月からPAOKに加入したが、シーズン途中に契約解除となった。

 この一報にファンもさまざまな反応を見せており、日本復帰を望む声も高まりを見せる。

「セレッソ戻ってこいよ」
「セレッソ復帰?」
「香川どこに行くのかな」
「日本復帰ある?」
「まだ32なんだ」
「次どこ行くんやろね。J復帰かな」
「また輝きを取り戻して欲しい」

 古巣のC大阪が挙がるなか、果たしてJリーグ電撃復帰はあるのか。日本のサッカーファンも一挙一動を見守っている。

Football ZONE web編集部