リーグカップ決勝で2ゴールを挙げ、ポステコグルー監督も称賛

 スコットランド1部セルティックの日本代表FW古橋亨梧は、現地時間12月19日に行われたリーグカップ決勝のハイバーニアン戦(2-1)に先発出場。2得点を決めて逆転勝利の立役者となり、チームは2年ぶり20回目の優勝を果たした。海外メディアも、「フルハシの魔法」と称賛している。

 後半6分にセットプレーから失点したセルティックだったが、その直後にMFカラム・マクレガーのロングボールに抜け出した古橋がペナルティーエリアに入り込み、正確なコントロールから左足のシュートを決めて同点。さらに、同27分にはMFトム・ロギッチのパスから再びDFラインの背後に抜け出した古橋が、前に出たGKの頭上を抜く技ありのシュートでこの2点目をゲット。古橋の今季公式戦16得点目のゴールがチームに優勝をもたらす勝ち越し弾となった。

 ハムストリングの負傷で直近のリーグ戦2試合を欠場し、この決勝への出場も危ぶまれていた古橋だったが、83分間のプレーで圧巻のパフォーマンスを披露。アンジェ・ポステコグルー監督も、「このフットボールクラブと彼は最高の組み合わせだ」と惜しみない賛辞を送った。

 海外サッカーサイト「Onefootball」は「フルハシの魔法」と見出しを打ち、「MVPは2ゴールを決めたキョウゴ・フルハシ。2点目は、セルティックに今季初タイトルをもたらす素晴らしいロブ(シュート)だった」と高評価。また、英紙「ガーディアン」も「アンジェ・ポステコグルーの説得がセルティックにどれだけの成功をもたらしたかは、時が経てば分かるだろう。フルハシの移籍が非常に重要だったことはすでに疑いの余地がない。わずか3回の崇高なタッチで、フルハシはリーグカップを掴んだ。タイムアップの笛がなるなか、ポステコグルーとフルハシがお互いに抱き合っていたのも不思議ではない」と伝えた。

 今夏にセルティックに加入してゴールを量産していた古橋だが、カップ戦のタイトルをもたらしたことでさらにその評価は高まりそうだ。

Football ZONE web編集部