アーセナルOBライト氏、「スカイ・スポーツ」レポーターによる"冨安評"発言シーンに反応

 アーセナルOBで”レジェンド”FWイアン・ライト氏が、自身のツイッター上へ投稿した”謝罪要求”ツイートが話題になっており、英メディアは「アーセナルDF冨安健洋に”無礼”であると謝罪するよう求めている」と注目している。

 日本代表の冨安は今夏、イタリアのボローニャから加入。プレミアリーグ第4節のノリッジ戦(1-0)で新天地デビューを飾ると、堅実な守備で評価を上げレギュラーに定着。ここまで15試合連続で先発出場を続けており、替えの利かない存在へなりつつある。

 冨安の価値は今でこそ急激に跳ね上がったが、加入当初はその実力を疑問視する声も。英衛星放送「スカイ・スポーツ」のレポーター・カヴェ・ソルシェコル氏はそうした声を上げた1人で、冨安の移籍が決まった際、「彼は良い選手だが、右サイドバックでもなく、セントラルディフェンダーでもないんだ。彼がアーセナルでどうなるかはわからない」と発言していた。

 これに反応したのが、ライト氏だった。ソルシェコル氏のこの発言シーンがSNSで再浮上すると、その動画を引用してツイッター上に「無礼講のように大声で謝ってほしい!!!!!」と投稿。冨安へ下した低評価を皮肉るように、謝罪を求める声を上げた。

 英メディア「スポーツ・バイブル」は、「イアン・ライトは、スカイ・スポーツニュースのレポーター、カヴェ・ソルシェコルに対し、アーセナルDF冨安健洋に”無礼”であると謝罪するよう求めている」と注目。プレミア初挑戦ながらも期待を上回るほどのパフォーマンスを示していることもあってか、黙っていはいられなかったようだ。

Football ZONE web編集部