川崎Fの堅守の理由を栗原氏が指摘「攻守にわたって完成されている」

 2021年シーズンのJ1リーグは川崎フロンターレが勝ち点92、最少失点数28という圧倒的な強さを見せて、2度目の連覇を達成した。MVP(年間優秀選手賞)には川崎のFWレアンドロ・ダミアンが受賞し、ベストイレブンのDF部門には川崎の選手3人が名を連ねた。そんなシーズンを締めくくる企画として、「Football ZONE web」ではスポーツ・チャンネル「DAZN」とともに毎月行ってきた「月間表彰」において、「月間ベストディフェンシブプレーヤー」のセレクターを務めた元日本代表の栗原勇蔵氏に、DF目線で2021年シーズンを総括してもらった。(取材・構成=Football ZONE web編集部)

   ◇   ◇   ◇

 栗原氏は、今シーズンのJ1リーグについて開口一番、「フロンターレがやっぱり強かったね」と振り返った。

「昔の強かったチームって攻撃は特化しているけど、逆に守備にはもろい部分があったりした。でも、最近はフロンターレに代表されるようにポゼッションが高く、攻撃的なチームなのに失点数も低い。そこが一番印象に残った点です。サッカーが完成されているところが、攻守にわたって数字にきちんと出ているなと感じました」

 この5年間でリーグ優勝4回を果たしている川崎にとって、唯一獲れなかったシーズンが2019年。その年、横浜F・マリノスの一員として栗原氏は優勝を経験している。伝統的な堅守を持ち味としていた横浜FMでセンターバックとして活躍していた栗原氏には、川崎の堅守はどのように映ったのだろうか。

「圧倒的なポゼッション率が堅守の要因なのかなと思います。ポゼッションするのがすごくうまいんだけど、ポゼッション率が高ければ、当然相手にボールを持たせる時間帯を減らせるわけで。相手にボールを触らせなければ、失点することはない。それを体現していたのがフロンターレだったと思います。フロンターレの試合を見ていると、敵陣の深い位置に押し込んでポゼッションして、仮にボールを取られたら、そこからすぐに守備が始まる。逆に押し込んだ状態から攻撃をスタートさせることができるので、得点にもつながりやすいし、長い時間を高い位置でプレーできるので失点も少なくなるんです」

 もちろん一長一短でチームが完成されたわけではない。栗原氏は、「風間(八宏)さんが攻撃の基礎を作って、そこにプラスαとして鬼木(達)さんが守備を整理したという印象がある」と語る。

「今シーズンは精神的支柱だった(中村)憲剛さんが引退したり、シーズン途中で主力選手が移籍したり、いろいろあったなかで2度目の連覇をした。もちろんみんなのレベルが高いんだけど、正直、昔の外国籍選手のように選手個々がめちゃくちゃ突出しているわけではないと思います。ただ、よく聞くのが、練習から全員が同じベクトルを向いてやっているということ。だから誰が試合に出ても同じことができるんだと思います」

 栗原氏の絶賛は止まらない。

「現代サッカーって、もう全員が走らないといけないんです。でもフロンターレのデータを見ていて面白いのが、J1全体で見て走行距離は突出していない。それってどういうことかと言うと、ポゼッションして逆に相手を走らせているということなんです。もちろん走っていないわけではなくて、フロンターレの選手の走りは一切無駄がない、質のいい走りをしている。だから体力の消耗も少ない。そこまで完成しているんだって思いました」

「総合的に見て判断」と年間ベストディフェンシブプレーヤーはジェジエウ選手

 そんな“完成されたチーム”からJリーグベストイレブンには7名が選出。うち、DF部門にはジェジエウ、谷口彰悟、山根視来の3人が選ばれている。「あれだけ失点数が少なければ、選出されるのは当然のこと」としながらも、栗原氏は選手個々に賛辞を送った。

「谷口選手は怪我で途中は試合に出られなかったけど、精神的支柱としてキャプテンをやりながら質の高いパフォーマンスを発揮していたと思います。そして、ジェジエウ選手に関しては本当にパフォーマンスで他を圧倒していたし、山根選手に関しては移籍2年目にもかかわらず完全にチームにフィットしていて、チームいちの試合出場数と時間を誇っていた。間違いなくフロンターレの中心選手だったと思います」

 栗原氏は今年、DAZNとの連動企画で毎月、「ベストディフェンシブプレーヤー」を選出してきた。今シーズンは8名の選手を選んできたが、選考は「すごく難しかった」と明かした。

「DFというポジションはチームが勝たないと選びにくいという事情がありました。どんなにその試合でいいプレーをしていても、チームが負けてしまうと選びづらい。そこが本当に難しかったですね。ただ、改めて選出してきた8名の選手を見てみると、基本的には誰が見てもレベルの高いプレーをしていた選手たちだったかなと思います。本当は選びたかった選手もほかにたくさんいたんですが、そこはいろいろな事情で……(苦笑)」

 消化不良感を匂わす栗原氏に、独断と偏見で年間ベストディフェンシブプレーヤーを選んでもらった。すると、「やっぱりジェジエウ選手ですね」と被せるように返ってきた。

「総合的に見て、年間ベストで言うと、ジェジエウ選手だと思います。まず彼は守備範囲が広いです。もちろん1対1も強くてスピードもパワーもある。今シーズンは2得点しか取っていないけど、セットプレーで点も取れると思うし、相手選手からすれば間違いなく怖い選手。そういう部分での存在感もありました。フロンターレは攻撃的なサッカーをしているけど、前掛かりになったときの後ろにできる広大なスペースを、走力でカバーしていた。そういった存在感もバツグンでした。ビルドアップの部分にちょっと物足りなさを感じるけど、守備に関して言えば、間違いなくJ1トップの選手だと思います」

来シーズンの栗原氏の注目は若手の成長と経験豊富なDFの復活

 コロナ禍による特別措置も終わりを迎え、来シーズンのJ1リーグは通常の18チームに戻る。新たにジュビロ磐田と京都サンガF.C.がJ1復帰を果たしたが、どんなシーズンになるのだろうか。

「今シーズンの初め、コロナ禍の影響で選手や監督が来日できないということが起こりました。そういう選手補強のところからすでに戦いは始まっていると思います。補強とチーム編成、そのうえでシーズン開始までにいかに新しい選手がチームにフィットできるか。そこが鍵になると思います。あとは復帰のジュビロとサンガですが、どちらも名門チームですし、ジュビロには元チームメイトの選手もいるので、個人的にはすごく楽しみにしています。ただ、どうしてもカテゴリーが上がると難しいシーズンになると思うので、まずはJ1に定着できるところを目標に頑張ってほしいと思います」

「月間表彰」の選出を通じ、多くのDFを見てきた栗原氏。本当は選びたかったけど、選べなかった選手のなかには東京オリンピック世代の若い選手たちもいた。そして、怪我からの復活に期待を寄せる戦友たちの姿もある。

「センターバックって昔はベテランの選手が務めることが多かったですよね。どうしてもDFって経験がモノを言うところがあって。でも、今は次から次へとチャンスとピンチが繰り返されるサッカーになってきているので、経験値よりもむしろそういった切り替えの回数をこなせる能力のほうが大事になってきたのかなと思っています。そういう目線で見ると、鹿島アントラーズの関川郁万選手や町田浩樹選手、日本代表に初選出されたセレッソ大阪の瀬古歩夢選手や西尾隆矢選手たちは若くてうまい選手なので、来シーズンも楽しみです。そして昌子源選手や塩谷司選手のような経験豊富な選手たちの復活も、個人的には注目したいと思っています」

 現役を引退して2年。栗原氏が自ら経験し、見てきたJリーグのDF像は時代とともに変わってきている。来季以降のJリーグは、ちょっと視点を変えて、栗原氏と同様にDF目線で試合を見てみるのも面白いのかもしれない。

Football ZONE web編集部