「左サイドで出場する見込みで、連続ゴール記録の継続を目指す」と英紙報道

 日本代表MF南野拓実の所属するイングランド1部リバプールは、現地時間12月22日に行われるリーグカップ(カラバオカップ)準々決勝で、レスター・シティと対戦する。英紙「デイリー・ミラー」は、3回戦のノリッジ戦(3-0)で2ゴール、4回戦のプレストン戦(2-0)でも1ゴールを決め、リーグカップ2試合連続ゴール中の南野の先発出場を予想している。

 今月19日に行われたプレミアリーグ第18節でトッテナムと2-2で引き分けたリバプールは、リーグカップ準々決勝のレスター戦では、多少のメンバー変更を行うことが見込まれている。「デイリー・ミラー」は、「レスターとのカラバオカップで、力を証明することを切望している4人のリバプールのスター選手」という記事を掲載した。

 最初に挙がったのは、センターバックの序列で4番目まで順位を下げたイングランド代表DFジョー・ゴメス。続いて、今シーズン公式戦20試合に出場しながら無得点のイングランド代表MFアレックス・オクスレード=チェンバレン。そして、負傷のため10月以降は先発出場を果たしていないブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ。最後に名前が挙がったのが、南野だった。

 記事では「モハメド・サラー、サディオ・マネのアフリカネーションズカップ出場に伴い、主要な役割を与えられるもう1人のFW。日本代表選手は、カラバオカップでの好調を維持したいと望んでいる。ノリッジ戦での2ゴールに続き、4回戦のプレストン戦では先制点を記録。今シーズン、12試合の出場で立派な4得点を挙げている。ディボック・オリギがヒザの負傷で欠場するため、26歳は左サイドでレスター戦に出場する見込みで、連続ゴール記録の継続を目指す」と、伝えている。

 ここまでリーグカップで2試合3得点を挙げている南野だが、対戦相手は2部リーグ以下のチームだった。それだけに、同じプレミアリーグの相手との試合で結果を残して、ユルゲン・クロップ監督にアピールしたいところだ。

Football ZONE web編集部