【識者コラム】2021年Jリーグ「特別表彰」前編、独自で選んだ5部門を紹介

 12月19日に天皇杯の決勝が終わり、2021シーズンのJリーグが終了した。来年はカタール・ワールドカップ(W杯)イヤーであり、例年より短いオフで新シーズンが開幕を迎えるなか、今シーズンの出来事から10部門を独自に「特別表彰」。まずは前編として、5部門を紹介する。

【劇的なラストワンプレー賞】山田大記(ジュビロ磐田/MF)

 J2優勝でJ1昇格を決めたジュビロ磐田だが、第36節大宮アルディージャ戦で生まれたこのゴールが無かったらどうなっていたか分からない。1-1で迎えた後半アディショナルタイム、すでに掲示された6分を回り、レフェリーがいつ笛を吹いてもおかしくないところで山田が決勝ゴールを決めた。

 ロングボールをDF大井健太郎と相手ディフェンスが競ったこぼれ球が山田の背中に当たって目の前にこぼれたが、それを予測していたかのようにコントロールすると、遅れてブロックにきたMF小野雅史の股下を左足で破ってゴールネットを揺らした。

 それまで磐田は栃木SCと愛媛FCに引き分け、直前の天皇杯では検査入院の鈴木政一監督に代わり、服部年宏コーチが代行を務めた”初陣”で大分トリニータに0-2で完敗と、良い流れではなかった。2位の京都サンガF.C.はもちろん3位のヴァンフォーレ甲府とも勝ち点差が縮まって迎えた試合だった。大宮戦の劇的な勝利からアルビレックス新潟、京都との上位対決を制すると、アウェーで水戸ホーリーホックにも3-1で勝って昇格を決めた。

 終わってみれば勝ち点91で2位の京都に7差、3位の甲府に11差を付けて文句なしの優勝&昇格となったが、シーズンを左右する大きな”ラストワンプレーゴール”だった。

【和服が似合うで賞】前田大然(横浜F・マリノス/FW)

 23得点で川崎フロンターレのレアンドロ・ダミアンとともにJ1得点王となった前田。持ち前のスピードを生かしたフィニッシュと愛娘に向けた”アンパンマン・シリーズ”のゴールパフォーマンスで楽しませてくれた。また本人は「たぶん、スプリントじゃないのも計測でスプリントにカウントされてるんじゃないですかね」と笑いながら語る驚異のスプリント回数は注目を集めた。

 そうしたピッチ上のパフォーマンスに負けず劣らず、話題になったのがJリーグアウォーズでの和服姿。「正装をしてきました」と語る紋付き袴が似合いすぎて、SNSは驚異乱舞となった。コメントはいたって謙虚ながら、その立ち居振る舞いが10月に24歳になったばかりとは思えず、昨年現役を引退した内田篤人が登壇した時には、どっちが選手とゲストかを錯覚するレベルだった。

 スコットランド1部セルティック移籍も秒読みと伝えられるストライカーは来年、日本代表での飛躍も期待される。その人柄も相まって、オンオフ両面の活躍が気になる存在だ。

現役引退の阿部勇樹、SNSで見せたさりげない優しさ

【代表返り咲き賞】松原健(横浜F・マリノス/DF)

”ケニー”の愛称で親しまれる28歳の松原は正確な右足のクロスと巧みなポジショニングを生かしたビルドアップ、クレバーな守備など、横浜FMの頼れる右サイドバックとして定評がある。その松原は今年3月のカタールアジアW杯2次予選のモンゴル戦と国際親善試合の韓国戦に臨む日本代表メンバーに、畠中槙之輔とともに選ばれた。

 2014年のキリンチャレンジカップ以来、実に7年ぶりの代表招集となったが、その時は長友佑都、酒井宏樹、酒井高徳などの陰に隠れ出番がなかった。しかし、3月30日のモンゴル戦で記念すべき代表デビュー。南野拓実の先制ゴールをアシストするなど6得点に絡む活躍を見せ、14-0と歴史的勝利を飾った試合で、しっかりと存在感を示した。

 大分トリニータU-18の大先輩、そして宇佐市の同郷でもある西川周作も4年ぶりの招集となった3月の代表シリーズ。そこから招集を受けていないが、来年7月には国内組で臨むとみられるE-1サッカー選手権(中国)もあるだけに、来年も引き続き注目していきたい。

【愛あるツイート賞】阿部勇樹(浦和レッズ/MF)

 惜しまれつつも現役引退を発表した阿部勇樹。ホーム最終戦ではプレーこそできなかったが、スピーチがファンサポーターの感動を誘い、天皇杯を掲げる姿も感動的だった。そんなベテランMFは、SNSでさりげない優しさが溢れるコメントを投稿していた。

 今年は日本女子サッカー初のプロリーグ「WEリーグ」開幕元年でもあり、浦和レッズの兄妹クラブとも言える三菱重工浦和レッズレディースも参入している。ホーム開幕戦に足を運ぶと自身のツイッターで「ホーム開幕戦!頑張れ~♪」と呟き、数多くの「いいね」が付き、FW安藤梢とのやりとりも。おそらく、その声に導かれるようにレッズレディースの試合を観戦に行った浦和レッズのファンサポーターも少なくないのではないか。

 現役を退いても、その人柄とカリスマ性で浦和レッズ、そして日本サッカーの発展に貢献してくれることを期待したい。

【もう1人のFW賞】柳育崇(栃木SC/DF)

 ポジションはセンターバック(CB)でありながら傑出した得点力を誇る栃木の柳育崇は、昨年の6得点を上回る8得点をマーク。そのうちの6得点はセットプレーからのヘディングで、特に第15節の松本山雅FC戦(3-0)で決めた2ゴールは衝撃的だった。

 ただし、決定力はヘッドに止まらず、第28節のレノファ山口戦(3-2)ではロングスローのこぼれ球を拾って右足でゴール。最終節のFC琉球戦(1-2)では味方選手の落としを見事にコントロールして左足を振り抜いた。本職のディフェンスでも対人の強さを押し出して栃木の残留に大きく貢献。現在27歳だが、点の取れるCBとして引き続き注目されそうだ。

Football ZONE web編集部