札幌へレンタル移籍決定、同僚からも悲しみの声上がる

 J1浦和レッズは12月29日、元日本代表FW興梠慎三が北海道コンサドーレ札幌へ2022年2月1日〜23年1月31日まで期限付き移籍すると発表。9シーズン連続で二桁ゴールを達成するなどクラブの功労者の移籍決定に、浦和の選手からも「寂しいです」との声が上がっている。

 現在35歳の興梠は、2005年に鵬翔高から鹿島アントラーズに加入。1年目から8試合に出場すると、徐々に出場機会を増やして定位置を確保し、J1優勝3回、Jリーグカップ優勝2回、天皇杯優勝2回など数々のタイトル獲得を経験した。

 13年から浦和へ移籍すると、9シーズン連続で二桁ゴールを達成するなどエースとして活躍。16年のJリーグカップ優勝、17年のAFCチャンピオンズリーグ優勝、18年の天皇杯優勝などに貢献し、17年にはJリーグベストイレブンに選出されている。

 そんなクラブの功労者が、新天地へレンタル移籍。ファンからは「悲しいです」「号泣」との声が上がっていたなか、2018年にヴィッセル神戸から浦和へ加入したDF岩波拓也も、この一報に反応している。自身のツイッターを更新し、興梠の公式ツイートを引用して「寂しいです」と一言。興梠のツイートには、天皇杯決勝時に浦和ファン・サポーターが作り上げたコレオグラフィーショットが添えられ、「本当に心強かった。また必ず!」と綴られていた。

 チーム内外で多大な影響をもたらしてきた興梠。1年間の期限付き移籍とはいえ、クラブから去ることへ岩波も悲しみの声を上げていた。

Football ZONE web編集部