浦和で9シーズン在籍した興梠が札幌へレンタル移籍、川崎はGKチョン・ソンリョンと契約更新

 J1浦和レッズは12月29日、元日本代表FW興梠慎三が北海道コンサドーレ札幌に期限付き移籍すると発表した。

 現在35歳の興梠は、2005年に鵬翔高から鹿島アントラーズに加入。J1優勝3回、Jリーグカップ優勝2回、天皇杯優勝2回など数々のタイトル獲得を経験した。13年から浦和へ移籍すると、9シーズン連続で二桁ゴールを達成するなどエースとして活躍。16年のJリーグカップ優勝、17年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝、18年の天皇杯優勝などに貢献し、17年にはJリーグベストイレブンに選出されている。今季はリーグ戦20試合1ゴールにとどまっていた。

 興梠は前所属の浦和の公式サイトで「9年間、本当に熱い応援ありがとうございました。この決断に悔いはありません。少しでもピッチに立っている姿をみなさんに見せられるように頑張ります。本当にありがとうございました。また必ず」とコメントを残している。

 また、名古屋グランパスはMF米本拓司が湘南ベルマーレへ期限付き移籍することが決まったと発表。クラブを通じ、「残り少ないサッカー人生でチャレンジしたいという気持ちが強くなり移籍することを決断しました。それを受け入れてくれたクラブには本当に感謝しています。湘南では怪我なく頑張りたいと思います。ありがとうございました」と感謝を述べている。

 そのほか、川崎フロンターレがGKチョン・ソンリョンと来季の契約を合意したことを発表。本人もクラブを通し、「川崎フロンターレとまた契約を更新出来ることを嬉しく思います。たくさんのタイトルを獲れる様に最善を尽くします」と来季への意気込みを語っている。

【12月29日発表、その他の主な移籍動向】
■ブラウブリッツ秋田
MF 青島拓馬(引退)

■セレッソ大阪→ジェフユナイテッド千葉
FW 高木俊幸(完全移籍)

■(名古屋グランパス→)SC相模原→徳島ヴォルティス
MF 児玉駿斗(完全移籍)

■東京ヴェルディ→横浜FC
FW 山下諒也(完全移籍)

■セレッソ大阪→名古屋グランパス
DF チアゴ(期限付き移籍)

■ヴィラ・ノヴァFC(ブラジル)→ジュビロ磐田
MF ドゥドゥ(完全移籍)

■ジュビロ磐田→ベガルタ仙台
GK 杉本大地(完全移籍)

■柏レイソル→湘南ベルマーレ
FW 瀬川祐輔(完全移籍)

■京都サンガF.C.→セレッソ大阪
GK清水圭介(完全移籍)

■FC東京→横浜FC
DF 中村拓海(完全移籍)

■大宮アルディージャ→ジュビロ磐田
MF 黒川淳史(完全移籍)

Football ZONE web編集部