公式YouTube「闘莉王TV」の最新回で日本代表指揮官の力量へ見解

 元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏が東京五輪、カタール・ワールドカップ(W杯)最終予選という2大イベントを終えた2021年の日本代表を総括。森保一監督の五輪・A代表兼任プランは評価する一方で、選手交代など采配力に疑問を呈している。

 闘莉王氏の公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」の最新回は2021年の元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏が東京五輪、カタール・ワールドカップ(W杯)最終予選という2大イベントを終えた2021年の日本代表を総括。選手交代など采配力に忖度ゼロの苦言を呈しているが、サポーターからは称賛の嵐が巻き起こっている。

 闘莉王氏の公式YouTube「闘莉王TV」の最新回は2021年の森保ジャパン総括企画。東京五輪では3位決定戦のメキシコ戦で完敗を喫して、メダルを逃した。そして、W杯アジア最終予選に突入し、いきなり初戦の本拠地オマーン戦で敗れる波乱の幕開けとなったが、闘莉王氏は「え!?という交代の仕方が多い」「森保さんの腕が足りなかった」と采配の部分に苦言を連発している。

 J1サンフレッチェ広島でルーキー時代に大先輩だった代表監督に対する遠慮ゼロの苦言となったが、サポーターからは称賛の嵐が巻き起こっている。

「今回のメンバーは強豪と遜色ないぐらい良かった。超過密日程なのだからそれを踏まえてメンバーのやりくりをして欲しかった」
「闘莉王さん、はっきり言ってくれて気持ちいい」
「誰もがこの監督に選手たちを任せたくないと思ったと思う」
「白も黒もわかっていないのが森保監督の限界。もっと言ってください」
「監督のさじ加減って超大切」
「負けに不思議な負け無し。闘莉王が言う通り」
「辞任すべき」
「スペイン戦であんな低い位置からカウンターだけで点を取ろうなんて無策にも程がある」
「森保さん、ビハインド時の引き出しが圧倒的に足りない」

 日本代表への愛ゆえに先輩にも忖度ゼロの苦言を呈する闘莉王氏の指摘に、賛同の声が相次いでいた。

Football ZONE web編集部