MFモーベルグ、母国メディアのインタビューで浦和との交渉経緯へ言及

 J1浦和レッズは12月30日、来季からの新戦力として元スウェーデン代表MFダヴィド・モーベルグをチェコの名門スパルタ・プラハから獲得したと発表した。スウェーデンメディア「Fotbollskanalen」では、モーベルグへのインタビューを交えつつ移籍の経緯をレポートしている。

 モーベルグは2022年6月までの契約となっていたが、シーズンが始まる夏の時点で「契約を延長するか分からない」という態度を表明していたという。そのため、スパルタ・プラハは契約が切れる前に移籍金を得ることを決意。欧州と米MLSからも具体的な関心が届く中で、浦和との契約が決まったと報じた。

 その展開についてモーベルグは「クラブとの間では、ちょっと暗黙の了解があった。もし良いオファーがあれば、移籍しても良いと互いに理解していた。知る限りでは、両クラブの思惑は一致していた。それからは時差があるのにも関わらず、交渉はすぐに終わってしまった。彼らは非常にプロフェッショナルで、解決策を見出そうとしてくれたので、すべてが非常に早く進んだ」と振り返っている。どうやら、スパルタ・プラハと浦和は電光石火で契約をまとめたようだ。

 その上で、日本への移籍については同胞でありサンフレッチェ広島とアビスパ福岡でプレー経験のあるMFエミル・サロモンソンにも情報を聞いたという。

「他にも具体的なオファーがあったことは知っている。興味深いものもあった。ただし、浦和が入ってきた途端、他は大したことがなかった。他の選手から日本がどんなところか聞いた。例えばエミル(サロモンソン)と話したが、ポジティブなことしか聞かなかった。だから、クールな冒険に思えたんだ。

 アメリカ大陸のクラブからもオファーがあったし、MLSからも具体的な話があった。それから、ヨーロッパのクラブも視野に入れていた。でも、リーグと国の両方についてポジティブな話しか聞かない。そんな場所のクラブが僕を欲しがるなんて、とてもユニークだと思ったんだ。そして、日本が気になったんだ」

「僕の野望は試合にたくさん勝って、タイトルを獲ること」

 その上で、加入に際し浦和について「日本一のビッグクラブ」という言葉も残しているが、その要因に浦和サポーターで満員になる埼玉スタジアムの風景を見たことがあったと話している。

「最初に興味を持ったのは、YouTubeでいくつかの動画を見た時だった。6万人を超えるスタジアムが満杯だったのを見たんだ。もちろん、クールだよね。ファンの前でプレーするのが好きだから、新型コロナウイルスが少し落ち着けば、最高なものになるかも。ビッグクラブなのも理由の1つだ。今年はカップ戦で優勝したが、リーグ戦ではしばらく優勝していない。しかし、僕の野望はやはり試合にたくさん勝って、タイトルを獲ることだ」

 一方で、新型コロナウイルスのオミクロン株の世界的な流行により、日本は現在、新たな外国人の入国を停止している状況にある。それだけに「正直なところ、今のところいつ(浦和での)プレーが始まるか分からない。1月上旬には新しいルールが決まるだろうから、具体的なことを待っている。でも2月12日にリーグ戦が始まるので、かなり長く待たされると困るだろう」と、不安な思いも話している。

 左利きのウインガーとして浦和が期待をかけるモーベルグについて、記事では「スパルタ・プラハでは公式戦96試合に出場し、合計26ゴール22アシストを記録した」とレポートされている。2017年と18年にはスウェーデン代表として3試合出場1ゴールの記録も残る27歳は、日本でどのようなプレーを見せてくれるだろうか。

Football ZONE web編集部