欧州日本人のパフォーマンスをランキング、3位に特大インパクトのMF三笘薫

 2021-22シーズンの主要な欧州リーグが前半戦折り返し地点に差し掛かっているなか、ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」では欧州でプレーする日本人プレーヤーたちのパフォーマンスをランキング化。「トップ5:欧州サッカー前半戦で最高の日本人」と特集を組んで紹介している。

 5位に選ばれたのは、2021年夏にジュビロ磐田からドイツ1部シュツットガルトに移籍したDF伊藤洋輝だ。「ヨーロッパへの移籍はまったく予想外だった」と触れつつ、11月26日の第13節マインツ戦で決めた移籍後初ゴールを決め、11月の月間最優秀新人賞を受賞した点に触れつつ、「近いうちに代表の初招集がかかるだろう」と評価した。

 4位は、「日本代表の次期エース候補」と評されているベルギー1部ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの日本代表MF三笘薫。「ベルギーでは3-5-2の左ウイングとしてプレーしており、慣れ親しんだポジションよりもやや深い位置にいるが、すでに数試合で5得点2アシストと優勝候補クラブで活躍を見せている」と記し、近い将来のプレミアリーグ行きを注目ポイントに挙げている。

 3位に食い込んだのは、コンスタントに活躍するベルギー1部ヘンクの日本代表MF伊東純也。「ヘンクでは、2020-21シーズンにゴールとアシストの両方で二桁を達成し、今シーズンも好調を維持。全大会の公式戦で4ゴール11アシストを記録している。所属クラブだけでなく、ベルギーリーグ全体でも最高の選手の1人だ。日本代表では、堂安、久保、浅野、原口らと激しい競争を繰り広げながらも、右ウイングのファーストチョイスとして君臨している」と、今や日本代表に欠かせないアタッカーを称賛した。

2位と1位は「レジェンドになる日も近い」「人気者の仲間入りを果たしている」

 2位は、2021年夏にヴィッセル神戸からスコットランド1部セルティックへ移籍した日本代表FW古橋亨梧だ。「セルティックに移籍しても好調は続き、リーグ戦で8得点、リーグカップで3得点、ヨーロッパリーグで5得点と計16得点を記録している。リーグカップではカップを掲げた」と出色のパフォーマンスに触れつつ、「中村俊輔のようにクラブのレジェンドになる日も近いだろう」と最大級の賛辞を送っている。

 1位には、イングランド1部の名門アーセナルで不動の地位を築いている日本代表DF冨安健洋が輝いた。「アビスパ福岡で怪物、シント=トロイデンで怪物、ボローニャで怪物、そしてアーセナルで怪物となった」と、各クラブでインパクトを放ったと紹介した。

 新天地アーセナルでは「右サイドバックのポジションを奪い、対人と空中戦の強さでディフェンスに安定感を与えた」と考察。「チームは開幕から3連敗と危機的状況にあったが、冨安の加入後は8試合負けなし。9月に行われたトッテナムとのロンドン・ダービーでは3-1で勝利し、この日本人がベスト・オン・ザ・フィールドに選ばれた」と記している。

 ピッチ外での冨安の人気は高まっており、「すでにファンの間では人気者の仲間入りを果たしている」と“冨安人気”にも触れるなど、文句なしの1位選出となったようだ。

Football ZONE web編集部