シティFWスターリングとのマッチアップを制するなど前半は無失点

 アーセナルは2022年元日、プレミアリーグ第21節で首位マンチェスター・シティと対戦。前節にポルトガル代表DFセドリック・ソアレス、イングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズとともに、新型コロナウイルス陽性反応が発表されていた日本代表DF冨安健洋が先発復帰した。前半を無失点で折り返し、英記者も高評価を与えている。

 冨安は昨年12月18日のリーグ第18節リーズ・ユナイテッド戦(4-1)で後半15分過ぎに右ふくらはぎあたりを気にして座り込んでしまい、そのまま負傷交代。状態が懸念されるなか、続くノリッジ・シティ戦(5-0)はコロナ陽性反応が発表されて欠場していた。

 コロナ感染拡大の影響で延期となったウォルバーハンプトン戦を経て、2022年初戦となるシティ戦に冨安は右サイドバック(SB)で先発出場を果たした。

 アーセナルは前半10分、ノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールが敵陣ペナルティーエリア内で相手GKエデルソンに倒されたかに見えたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)介入の結果、ノーファウル判定となった。

 前半13分、冨安はシティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングの突破を粘り強いディフェンスで阻止。さらに同20分には、右サイドのスペースに抜け出して後方からのロングボールをダイレクトでクロスを狙い、攻撃でも存在感を示す。

 攻撃の圧を強めるアーセナルは前半31分、ウーデゴールの展開からスコットランド代表DFキーラン・ティアニーが持ち上がり、ペナルティーエリア内へのパスをイングランド代表MFブカヨ・サカがダイレクトで合わせ2022年のチーム初ゴールで先制点を奪った。

 アーセナルはそのまま、1点リードのまま前半を終えたが、英紙「インデペンデント」のジョニー・シンガー記者は自身のツイッターで「センセーショナルな前半だ。冨安はこれまででベストゲーム。(スイス代表MFグラニト・)ジャカ、(ガーナ代表MFトーマス・)パーティー、ウーデゴールはしっかりとディフェンスし、ゲームを作っている」と前半の出来を高く評価している。

Football ZONE web編集部