シティ戦で先発復帰した冨安、英メディアが日本人DFのスタッツ紹介

 イングランド1部アーセナルは現地時間1月1日にプレミアリーグ第21節でマンチェスター・シティと対戦。前半に先制するも後半アディショナルタイムに勝ち越しゴールを許し、1-2で痛恨の逆転負けを喫した。日本代表DF冨安健洋は公式戦3試合ぶりに復帰してスタメンフル出場で強力なシティ攻撃陣に立ち向かうハイパフォーマンスを披露。「彼はいつでもベストを尽くす」と、そのメンタリティーを絶賛されている。

 アーセナルは前半31分にDFキーラン・ティアニーの折り返しからFWブカヨ・サカが左足で蹴り込んで先制するも、後半に入りMFグラニト・ジャカのPK献上を機に試合の流れが一変。12分にMFリヤド・マフレズにそのPKを決められて同点とされると、その2分後にはDFガブリエウ・マガリャンイスが2度目の警告を受けて退場に。そして試合終了間際のアディショナルタイム3分にMFロドリに勝ち越しゴールを奪われた。

 そうしたなかでも冨安は持ち前の守備力で安定したパフォーマンスを披露。シティの左サイドでプレーしたFWラヒーム・スターリングには突破を許さず、自身のサイドからピンチを招くことはなかった。

 英メディア「Squawka」のツイッターがこの試合の冨安にスタッツを紹介。地上でのデュエル勝率100%、ボールタッチ数44回、クリア5回、タックル3回、インターセプト3回、ロングボール成功2回と、さまざまな項目で高い数字を叩き出した。チームは惜しくも敗れたが「彼はいつでもベストを尽くす」とそのメンタリティーを絶賛されている。

 アーセナル加入後すぐにチームに必要不可欠な選手となった冨安。プレミアリーグ11連勝と圧倒的な強さを誇るシティを相手にも普段どおりのプレーで存在感を示していた。

Football ZONE web編集部