「みんなにとって良い年でありますように」と新年初投稿

 スペイン2部カルタヘナの元日本代表FW岡崎慎司が自身のSNSを更新。2022年の最初のメッセージを届けるとともに、御来光の“元気玉”ショットを公開し、「めっちゃ元気玉っぽい!! 新年早々笑いました」と脚光を浴びている。

 現在35歳の岡崎は2011年の海外移籍後、シュツットガルト(ドイツ)やレスター・シティー(イングランド)などを渡り歩き、19年以降はスペインでプレー。昨季限りでウエスカを退団し、昨夏から2部カルタヘナへ加入し、今季はここまで公式戦17試合1ゴールの成績を残している。

 新年を迎えたなかで岡崎がインスタグラムを更新。「Happy new year あけましておめでとうございます 初詣とか行きたいなー」と記し、1枚の写真をアップした。

 人気作「ドラゴンボール」シリーズに登場する必殺技「元気玉」を模したポーズを取っており、御来光を“元気玉”に見立てている。「とりあえずみんなにとって良い年でありますように 僕も頑張ります #Genkidama #元気玉 #御来光」と添えている。

 コメント欄で「めっちゃ元気玉っぽい!! 新年早々笑いました」「岡ちゃんに元気玉送りまーす」「活躍願ってます」などの声がファンから上がった。

 年明けから試合が続くなか、スペインで挑戦を続ける日本人ストライカーのゴール量産シーンが見られるだろうか。

Football ZONE web編集部