シティ戦で地上でのデュエル勝率100%と強さを発揮

 イングランド1部アーセナルの日本代表DF冨安健洋は、現地時間1月1日に行われたプレミアリーグ第21節マンチェスター・シティ戦(1-2)で、相手の強力な攻撃陣に立ち向かうハイパフォーマンスを披露。アーセナルファンから高評価を受けていることを、英メディア「THE BOOT ROOM」が伝えている。

 アーセナルは前半31分にスコットランド代表DFキーラン・ティアニーの折り返しからイングランド代表FWブカヨ・サカが左足で蹴り込んで先制するも、後半に入りスイス代表MFグラニト・ジャカのPK献上を機に試合の流れが一変。同12分にアルジェリア代表MFリヤド・マフレズにそのPKを決められて同点とされると、その2分後にはDFガブリエウ・マガリャンイスが2度目の警告を受けて退場処分。そして、試合終了間際のアディショナルタイム3分にスペイン代表MFロドリに勝ち越しゴールを奪われた。

 そのなかで、冨安は持ち前の守備力で安定したプレーを披露。シティの左サイドでプレーしたイングランド代表FWラヒーム・スターリングには突破を許さず、自身のサイドからピンチを招くことはなかった。

 英メディア「Squawka」によれば、フル出場した冨安は地上でのデュエル勝率100%、ボールタッチ数44回、クリア5回、タックル3回、インターセプト3回、ロングボール成功2回と、さまざまな項目で高い数字を叩き出したという。

 記事でも、「ガナーズ(アーセナルの愛称)はエミレーツで傑出していた。最終的に10人と数的劣勢となり、シティが勝者となったが、何人かのアーセナルの選手は評価され、冨安はソーシャルメディアで称賛されている」と言及。アーセナルファンのSNS上の声を紹介している。

「タケヒロ・トミヤスはモンスターだ。プレミアリーグでベストのフルバックだ」
「ラヒーム・スターリングがピッチにいると気付かなかった。トミヤヅが終始沈黙させていた」
「スターリングを完全に孤立させていた。なんてパフォーマンスだ」
「マシンのように素晴らしい」

 プレミアリーグの名門アーセナルで、主力を張り続ける冨安。強豪シティ相手のハイパフォーマンスでさらに評価を上げている。

Football ZONE web編集部