【インタビュー#1】京都ホペイロ松浦紀典氏が感じた「監督:曺貴裁」の凄み

 京都サンガF.C.は2021年シーズン、J2リーグ2位(24勝12分6敗)の成績を残し、J1昇格の目標を果たした。12年ぶりのトップリーグ復帰が実現した最大の要因は、指揮1年目となった曺貴裁監督の絶妙なマネジメント術といっても過言ではないだろう。2017年からプロホペイロとしてチームを支えてきた松浦紀典氏に、シーズンを振り返ってもらった。(取材・文=Football ZONE web編集部・小田智史/全2回の1回目)

   ◇   ◇   ◇   

 ホペイロの松浦氏が、曺監督と「指揮官・スタッフ」の関係で仕事をしたのは2021年シーズンが初めてだが、最初の出会いは2016年までさかのぼる。名古屋グランパスのホペイロを務めていた当時、J1残留を懸けた2ndステージ最終節の相手が曺監督率いる湘南ベルマーレだった。

「湘南さんはJ2降格が決まっていて、グランパスにとっては命運を懸けた試合。湘南さんはベストメンバーで、本気でぶつかってきました。結果的にグランパスは1-3で敗れてJ1残留を果たせませんでした。瑞穂公園陸上競技場(パロマ瑞穂スタジアム)でのホーム最終戦で、両チームが通る出入口のところで僕が号泣しながらセレモニーの準備をしていたら、曺さんから肩を叩かれて、『悪かったな』と言われました。対戦相手のスタッフを労う監督さんはなかなかいません。その時はお互いに面識はありませんでしたが、本当に素晴らしい監督だなと、すごく心を打たれました」

 曺監督が京都の指揮官に就任して挨拶をかわす際、その話をしたという松浦氏。「『あの時はありがとうございました』と言ったら、曺さんはまったく覚えていませんでした。『そんなこと言ったの?』みたいな」と笑顔で振り返るが、「すごく熱くて優しい」という印象は、実際に一緒に仕事をしてみても変わることはなかった。

「曺さんはスイッチのオン・オフがある方。ピッチ内は選手にもスタッフにも本当に厳しくて、ピッチから離れるとすごく優しい。1つのジャッジに対する姿でも、試合に懸けていることが伝わります」

「未来は変えられる」 負けても次を見据え続けた選手たちのポジティブ思考

 監督にはそれぞれの哲学やスタイルがある。松浦氏が見た曺監督の特長は、チームの細部まで見逃さない繊細なチームマネジメントだという。「いつもどおりにやろう」――。曺監督がシーズン中、口を酸っぱくして選手やスタッフに伝え続けた言葉は、松浦氏の脳裏にも焼き付いている。

「Jリーグ元年(1993年)からホペイロとしてやらせていただいていますが、曺さんは選手を試合に向かわせる手腕が凄いなと感じました。チーム立ち上げ当初から、選手だけでなく、スタッフにも目が届くというか、細かい部分まで把握して、マネジメントされていた印象があります。日々のトレーニングから1人1人の動きを気にされたり、小さなことも見逃さないのはさすがだな、と。チームの雰囲気も良く、開幕前の沖縄キャンプで『今年もしかしたら(J1昇格)行けるんじゃないか』と思ったのを覚えています。

 曺さんが常に選手に言っていたのは、『ピッチで戦うのは選手で、俺じゃない。今週サンガタウンでやってきたことを試合に出そう。出して勝てば君たちの成果だ。負けたら俺が全部責任をとるから、常に思い切りやれ』と。『いつもどおり』と言葉にしたら簡単ですけど、それが一番難しい。でも、それをしっかりとみんなが体現できたのは、曺さんのおかげだと思います」

 2021年シーズンの京都は、開幕5試合を見れば、2勝1分2敗と決して好スタートではなかった。しかし、そこから6連勝を含む15戦無敗(11勝4分)で一時首位に立ち、最後までJ1自動昇格圏内の2位をキープし続けた。長いシーズンの中で、連敗が一度もなかったことを、松浦氏は昇格を果たせた要因の1つに挙げる。

「曺さんは『優勝や昇格を意識するのは残り5試合の段階でいい』とシーズン開幕当初に話していました。昇格を本当に意識したのは、ホームの大宮アルディージャ戦(第37節/1-0)。あの(後半アディショナルタイムのMF川﨑颯太選手の)劇的なゴールは、本当に最後のワンプレーでしたから、大きなポイントだったと思います。

 2021年、チームは連敗がありませんでした。負けた試合のあとも、選手たちは『本当に試合に負けたチームなのかな』という雰囲気で、『結果は変わらないけど、未来は変えられるぞ』と。逆に、曺さんが少し引きずってるんじゃないかなということもあったくらいです(笑)。チーム全体が次の試合に向いていたのは、強みだと感じました」

ホペイロ松浦氏が挙げた2021年“唯一の反省点”は?

 松浦氏はシーズン中、11月7日に行われたJ2リーグ第38節ジュビロ磐田戦(0-1)で唯一、「いつもどおり」とは違うことをしていたという。苦笑いを浮かべながら、自らの行動を“反省点”に挙げた。

「ホペイロの自分はピッチに立たずとも、常に選手と同じ気持ちで戦う気持ちで試合に臨んでいます。これはアウェーの磐田戦のエピソードですが、長期離脱は避けられない怪我をしてしまった選手が数名いました。この試合に懸けるんだという想いも込めて、その選手たちのユニフォームをロッカーにかけたら、相手が勝ってしまった。普段はそういったことはしないので、選手が逆に硬くなってしまったら嫌だなと思い、もう余計なことはやめようと(苦笑)。そこは個人的に反省しています」

 2021年シーズンは、京都が12年ぶりのJ1昇格を果たした一方で、日本にホペイロという職業の概念を定着させた第一人者であり、「師匠」と仰いできたブラジル人のルイス・ベゼーハ・ダ・シルバ氏が逝去するつらい出来事もあった。それでも、松浦氏は前を向き、受け継いだホペイロとしてのモットーを貫く覚悟をにじませる。

「2021年を振り返ると、(東京)ヴェルディの時からお世話になったホペイロの師匠が亡くなりました。ヴェルディさんが追悼のセレモニーをホーム(4月21日の第9節)でされて、その相手が運命的にも京都サンガでした。曺さんから『チームとして喪章を着けよう』と提案をしていただきました。『僕の個人的な師匠ですし、両チームで黙とうをしていただけるので大丈夫です。試合に集中してください』と。曺さんの優しさを改めて感じました。師匠から言われた『試合終了のホイッスルは、ホペイロにとって次の試合のスタートのホイッスルだから、その試合の片づけは次への準備だ。試合に臨むモードで仕事をするように』という言葉は、自分のホペイロとしてのモットーとして、今後も守り続けたいと思います」

 2010年以来のJ1を戦う2022年シーズンは、京都にとって重要な1年となるのは間違いない。松浦氏も「J1は甘い舞台ではないのは自分も感じています」と気を引き締める。

「苦労してJ1に上がったので、2021年と同じ、いやそれ以上の気持ちで、いい結果が出せるように一丸となって、『いつもどおり』をキーワードに支えていきたいです。今回昇格できたのは、ファン・サポーターのみなさま、スポンサーのみなさま、京都サンガに関わるすべての方の力です。引き続き来季も、今年以上のサポートをしていただければ幸いです」

 京都は2022年、J1の舞台で新たな船出を迎える。

[プロフィール]
松浦紀典(まつうら・のりよし)/1970年12月26日生まれ、山梨県出身。東京ヴェルディの前身・読売クラブでホペイロとして働いていたルイス・ベゼーハ・ダ・シルバ氏と出会い、Jリーグ元年の1993年に日本人初のプロホペイロとして、サッカー界へ。2003年から14年間、名古屋グランパスのホペイロを務めたのち、17年から京都サンガF.C.のホペイロとして選手を日々サポートしている。モットーは「常に気持ちを切らさず、いつもどおりに磨く!」。

Football ZONE web編集部