負傷で戦線から一時離脱もアトレティコ戦のゴールで強烈インパクト

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間1月2日に行われたバルセロナ戦で招集外となり、今季のリーガ前半戦を終了した。

 久保の2021年後半は波乱に富んだものとなった。東京五輪ではグループステージ3試合連続得点を記録し、日本代表の準決勝進出に大きく貢献。その後、レアル・マドリードからの期限付き移籍で2季ぶりにマジョルカに復帰した。

 リーガ開幕戦のベティス戦こそ合流の遅れにより途中出場となったが、その後はルイス・ガルシア監督の信頼を早々に勝ち取り、5試合連続の先発出場を達成するなど、幸先の良いスタートを切った。しかし9月22日のリーガ第6節レアルド戦の前半に右膝を負傷してしまう。

 久保が怪我を負うのはスペイン3季目にして初。クラブは詳細を明かさなかったが、スペンメディアは右膝半月板損傷と報じた。長期間の欠場を余儀なくされた久保は、2か月後の11月27日、第15節ヘタフェ戦で復帰を果たした。

 膝の具合を気遣い監督は無理にプレーさせることを避けていたなか、12月4日に行われた第16節で昨季のリーガ王者アトレティコ・マドリード相手に、久保は終了間際に決勝点を決めて今季初得点を記録するとともに復活を強くアピールし、強烈なインパクトを残した。そして第18節グラナダ戦で今季初めてフル出場し、チームは1-4の惨敗を喫したが、久保は怪我明け後に調子を上げた状態でクリスマス休暇を迎えていた。

 休暇明けの12月28日、クラブは選手4人、コーチングスタッフ3人が新型コロナウイルスに感染したことを発表。しかし個人名の明言を避けたため、誰が感染しているか分からないまま、新年最初のバルセロナ戦のメンバーリストが発表された。すでに新型コロナウイルス感染の可能性が報じられていた久保は欠場理由が不明のままベンチ外となり、古巣相手にピッチに立つことなく、今季のリーガ前半戦を終了した。

スペイン紙記者が見解、久保建英は「後半戦、重要な役割を果たせると思っている」

 このように幸先の良いスタートを切りながらも、怪我に苦しんだ久保の前半戦および後半戦について、スペイン紙「マルカ」でマジョルカ番記者を務めるアルベルト・セルコス・ガルシア氏がバルセロナ戦後、次のように語っていた。

「不運な怪我に見舞われたが、アトレティコ戦ではその高いクオリティーを存分に発揮した。マジョルカの中でもタケは、ピッチ上で他の選手と違うことがさまざまでき、チームにプラスのことをもたらすことができる選手なので、後半戦、私は重要な役割を果たせると思っているし、そうなる必要がある。自分がチーム内で重要な存在であることをもっと感じなければいけない。マジョルカの1部残留という目標達成にタケが大いに貢献してくれると私は思っている」と、信頼と同時に大きな期待を寄せていた。

 懸念される守備面に関しては「私は2年前にビセンテ・モレノがマジョルカを指揮していた時、タケにはもっと守備を大幅に改善する必要があったことを覚えている。一方、今季は懸命に後ろに下がる姿を見ているし、以前よりも守備に関与している。もちろんもう少し向上させる必要があるとは思うが、今季ここまでは十分、守備でもいい働きをしているよ」と、ここ2年間での久保の成長を高く評価した。

 また、ルイス・ガルシア監督がバルセロナ戦前の会見で「2人が一緒に先発出場した試合を見たと思うが、1試合は1-6(第6節レアル戦)、もう1試合は1-4(第18節グラナダ戦)と、その2つの結果はどちらも非常に悪かった」と、守備力の低下を示唆した久保とイ・ガンインの同時起用については次のような見解を示している。

「私は彼らが一緒にプレーするのを楽しみにしているよ。今日は見ることができなかったが、今後、たくさんの試合で2人が一緒にピッチに立つのを見たいと思っているし、次節レバンテ戦でそうなることを願っている。とても面白いコンビになるだろうからね。でもそれに伴いチームの守備力低下は避けられないと思うので、彼らはその分、前線で互いに助け合い、決定的な役割を果たす必要があるだろう」とマイナスな要素があることを認めつつも、プラスの要素への期待感のほうが大きいことを強く訴えた。

スペイン各紙の1試合平均評価、「AS」紙では及第点

 久保の2021-22シーズン・リーガ前半戦の成績は、10試合(先発6試合)、563分出場、1得点0アシスト。スペイン各紙の1試合平均評価は、「AS」紙の採点が1.5点(最高3点)と及第点の出来で、第3節エスパニョール戦、第16節アトレティコ戦で最高点、第17節セルタ戦で最低点をつけていた。一方、「マルカ」紙の採点は1.3点(最高3点)で、最高点、最低点ともになかった。

 スペイン3年目にして初の怪我による困難を経験した久保だったが、2か月に及ぶその厳しい時期を乗り越え、現在、調子を取り戻しつつある。その状況下、マジョルカは3戦連続未勝利の2連敗中と思うように勝ち点を取れなくなり、降格圏内の18位アラベスまで勝ち点4差の15位まで順位を落としているため、リーガ後半戦に向け、久保の再起に期待したい。

Football ZONE web編集部