ウォルバーハンプトンと3年半契約、今季終了までグラスホッパーへレンタル

 イングランド1部ウォルバーハンプトンは1月5日、スイス1部グラスホッパー・クラブ・チューリッヒから日本代表MF川辺駿を獲得したと発表。川辺のユニフォーム着用姿も公開したなか、「凄すぎる」「激アツ」と反響が広がっている。

 現在26歳の川辺はサンフレッチェ広島の下部組織から2014年にトップチームへ昇格。15年から17年までジュビロ磐田でプレーし、18年から再び広島でプレー後、21年7月からグラスホッパーに移籍した。今季リーグ戦16試合に出場し、4ゴール2アシストの結果を残している。

 プレミアリーグのウォルバーハンプトンと3年半契約を結んだ川辺は、シーズン終了までレンタルでグラスホッパーに戻る予定だという。

 ウォルバーハンプトンの公式インスタグラムでは、川辺がユニフォームを着用した姿などを公開。SNS上では「凄すぎる」「激アツ」「これは衝撃!」「大出世」「これはワクワクする」などの声が続々と上がっており、ファンの注目を集めている。

Football ZONE web編集部