バイクマシーンで汗、鏡越しに映る香川の表情も

 元日本代表MF香川真司は、昨年12月18日にギリシャ1部リーグPAOKテッサロニキとの契約解除を発表し、現時点で所属先が決まっていないなか、自身のSNSを更新。日本でのトレーニング姿を公開し、「うわぁ〜かっこよ〜」「どこ移籍」と脚光を浴びている。

 香川は2010年にセレッソ大阪からドルトムントに移籍。ユルゲン・クロップ監督の下、加入1年目の10-11シーズンにチームのブンデスリーガ制覇に貢献すると、翌11-12シーズンにはリーグ連覇を経験した。12年夏にはマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したが、14年にドルトムントへ復帰。その後はトルコのベシクタシュ、スペインのレアル・サラゴサ、PAOKを渡り歩き、現在は無所属となっている。

 先日、FC東京の日本代表DF長友佑都と明石海峡大橋を眺めながら「地元で初蹴り」を報告していた香川。この日は「良い刺激が入りました」と記し、1本の動画をアップした。

 動画はバイクマシーンを漕ぐ香川のトレーニング姿を捉えており、鏡越しの真剣な表情も映っている。汗を流し、充実のトレーニングを終えたなか、「いつもありがとうございます!」と感謝のコメントを残している。

 ファンから「うわぁ〜かっこよ〜」「頑張ってる姿にいつも元気もらってます」「トレーニングお疲れ様でした」「どこ移籍?」などのコメントが寄せられた。

 ベルギー1部シント=トロイデンへの移籍話が浮上しているなか、どのチームでプレーするのか。今冬の決断に注目が集まる。

Football ZONE web編集部