小嶺忠敏氏への想いを込めた手書きメッセージにファンも感銘

 国見高校(長崎)を率いて6度の高校サッカー選手権優勝を成し遂げた小嶺忠敏氏(76歳)の死去を受けて、昨季限りで現役を引退した元日本代表FW大久保嘉人氏が自身のツイッターで直筆メッセージをアップ。「涙腺崩壊した」「粋な計らい」と反響が広がっている。

 大久保は国見高校時代、総体、国体、選手権と3冠を達成。かつて投稿したSNSで「オレの原点は、間違いなく国見高校 #インターハイ #国体 #高校サッカー選手権 #3冠」と発信していた。

 恩師の訃報に驚きを隠せない様子の大久保は、「先生の突然の訃報に接し、心から哀悼の意を表します」と綴り、恩師への思いがいっぱいに詰まった186文字の手書きメッセージ画像をアップ。すると、ファンからさまざまなコメントが寄せられている。

「直筆の文をあげていることで 心がこもっているのがとても伝わります」
「嘉人くんの手紙でついに涙腺崩壊してしまった」
「国見と言えば、小嶺監督と大久保嘉人だった」
「手書きとは粋な計らい」
「嘉人さんの直筆のお手紙を読んで涙が出ました」

 大久保は昨年11月19日に2021年シーズン限りでの現役引退を発表。12月12日の天皇杯準決勝・浦和レッズ戦に先発出場するも0-2で敗れて現役ラストマッチを終えていた。 小嶺氏の教えを胸に、大久保はセカンドキャリアで新たな一歩を刻む。

Football ZONE web編集部